転職エージェントに非公開求人が多い理由

転職エージェントに登録している企業の多くが一般には掲載されていない非公開求人です。

例えば、大手転職エージェント会社のDODAやリクルートエージェントでは約90%が非公開求人なので、公開している求人の方が圧倒的に少ないのが分かります。

特に大企業や高待遇の求人はほぼ非公開です。

広く一般に求人を公開して、一人でも多くの応募者をかき集めて優秀な人材を確保したいと考えるのが普通ですが、なぜこんなにも企業は求人を非公開にしたがるのか?

その理由を挙げていきます。

非公開求人が多い理由

1.効率よく選考を進めるため

求人サイトなどで全ての求職者に対して応募をかけた場合、待遇が良い求人には応募者が殺到してしまい対応しきれなくなります。

また、そこまで転職する気が無い人でもとりあえず応募する人が多いので、本当に欲しい人材を見逃してしまう可能性があるので、転職エージェントを介して、会員登録者のみに限定して公開することにより、効率よく選考を行うことができます。

2.採用計画を知られたくないため

同業他社に対して、採用計画を知られたくないためにあえて非公開求人にすることも考えられます。

どのエージェント会社も必ずと言っていいほど、非公開求人を多くする理由で挙がりますが、本当にそういった理由があるのか疑問です。

非公開求人でもそのエージェントに登録すれば簡単にバレちゃいますからね・・・

3.登録を促すため

これは企業側というより、エージェント会社側のメリットになりますが、会員登録しなければ全ての求人を観覧できないとなれば、自ずと登録者数は増えますよね。

4.成功報酬が高いので

こちらもエージェント会社側のメリットになりますが、非公開求人で掲載されている求人に応募して採用が決まると、エージェント会社にはその企業から特別に報酬が出ると言われているので、応募者が勝手に応募するのを防ぐ為に非公開にして必ずエージェント会社を経由するシステムを作っているんです。

非公開求人に応募するには??

非公開求人に応募するには、求人を掲載しているエージェントに登録するしか方法はありません。

まー、登録は無料で出来るので、転職をお考えの方は登録しておいて損は無いと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分の適正年収を調べる

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

予想内定者数などを分析して総合順位もその場ですぐに判定!自分の市場価値を客観的に判断できるので、転職活動の際に役に立ちます!

市場価値が高くなり始める25歳~35歳の若年者は是非お試しを!!

転職活動を効率よく行う方法

業界トップクラスの求人数(25,000件以上)を誇る転職エージェントのパソナキャリアはこれまで25万人以上の転職を支援!

キャリアコンサルタントの評判が高くて有名です!

転職者の8割が利用

日本最大級の登録者数を誇るリクナビNEXTに登録すればスムーズに求職活動が行えます!

公開日: 2015年7月7日