雇用保険の基本!雇用保険には4つの給付が存在する

雇用保険の基本

生活面で失業者の大きな支えになる雇用保険ですが、雇用保険には大きく分けて4つの給付が存在します。

それぞれの給付で支給条件であったり支給額が異なりますので、自分のパターンだとどの給付金がどれぐらい支給されるのかをキチンと理解しておきましょう。

1.求職者給付

求職者給付とは、失業した時に支給される給付金で、「基本手当」と言えば分かりやすいですね。

皆さんが言う失業手当の大半は、この求職者給付のことを指しており、雇用保険の一番基本となる給付ですね。

4週間に一度訪れる失業認定日で失業の状態と認められれば一定額の基本手当を受取ることができます。

ちなみに、基本手当が支給されない高齢者を対象にした「高年齢求職者給付」も存在します。

2.就職促進給付

就職促進給付とは、基本手当を支給してもらえる条件を残したまま再就職した早期就職者を対象にしたお祝い金みたいなもので、「再就職手当」と「就業手当」と「常用就職支度手当」の三つの手当が存在します

求職者給付に比べるとトータルの支給額は少ないですが、一度に全額支給されるので、早く再就職先を見つけてバリバリ働こうと思われている方にはオススメできる手当です。

尚、就職促進給付には他にも、求職活動を支援するための給付(広域求職活動費と移転費)が存在します。

再就職手当などに比べると影は薄いですが、条件を満たせば他の手当と同時に受け取ることも可能なのでしっかりと覚えておきましょう。

就職促進給付の詳しい説明は、「失業給付に伴う就職促進給付とは?」を参照して下さい。

3.雇用継続給付

雇用継続給付とは、育児や介護などで仕事をすることが困難になった人の為に支給される給付金で、「高年齢雇用継続給付」と「育児休業給付」と「介護休業給付」の3つの給付金が存在します。

求職者給付や就職促進給付と違って在職中に受け取ることができる給付金になります。

雇用継続給付の詳しい説明は、「在職中に支給される雇用保険(雇用継続給付)について」を参照して下さい。

4.教育訓練給付

教育訓練給付とは、雇用保険の被保険者(だった人)を対象にした給付で、厚生労働大臣がする教育訓練を受講することで一定の訓練費を支給される給付金です。

ここで紹介した4つの給付の中で、唯一教育に対して支給される給付金になります。

尚、教育訓練給付は条件を満たせば在職中でも失業中でも受け取ることができます。

  • 雇用保険には「求職者給付」「就職促進給付」「雇用継続給付」「教育訓練給付」が存在する
  • 求職者給付は失業中の生活を支援
  • 就職促進給付は再就職者のお祝い金
  • 雇用継続給付は失業しないための手当
  • 教育訓練給付は勉強する人を応援
スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分の適正年収を調べる

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

予想内定者数などを分析して総合順位もその場ですぐに判定!自分の市場価値を客観的に判断できるので、転職活動の際に役に立ちます!

市場価値が高くなり始める25歳~35歳の若年者は是非お試しを!!

転職活動を効率よく行う方法

業界トップクラスの求人数(25,000件以上)を誇る転職エージェントのパソナキャリアはこれまで25万人以上の転職を支援!

キャリアコンサルタントの評判が高くて有名です!

転職者の8割が利用

日本最大級の登録者数を誇るリクナビNEXTに登録すればスムーズに求職活動が行えます!