高年齢雇用継続基本給付金と高年齢再就職給付金とは?

高年齢雇用継続基本給付金と高年齢再就職給付金

働けって言っても、60歳を超えると今までより給料下がっちゃうから働く気になれないんだよなー!

と思っているあなたに朗報です。

60歳~64歳までの高齢者で、60歳以前の給料より下がってしまった方を援助するために、雇用継続給付の中に「高年齢雇用継続給付」と呼ばれる給付金が存在します。

ここでは高年齢雇用継続給付について簡単に解説していきます。

二つの給付金が存在する

高年齢雇用継続給付には、「高年齢雇用継続基本給付金」と「高年齢再就職給付金」の二つの給付があり、それぞれで給付条件や給付額、給付期間が異なります。

尚、二つの給付を同時に受け取ることは出来ません。

高年齢雇用継続基本給付金の概要

高年齢雇用継続基本給付金は、60歳を超えても同じ事業主や退職した場合でも基本手当や再就職手当を受給してもらわなかった方を対象にした給付金です。

高年齢雇用継続基本給付金の詳しい説明については、「高年齢雇用継続基本給付金の対象者・支給額・申請方法」を参照して下さい。

高年齢再就職給付金の概要

高年齢再就職給付金は、60歳を超えて基本手当を給付してもらって再就職した方を対象にした給付金です。

(基本手当を100日以上残していることが条件)

高年齢再就職給付金の詳しい説明については、「高年齢再就職給付金の対象者・支給額・申請方法」を参照して下さい。

それぞれの給付金の共通点

  1. 60歳を超えた後の月収が60歳到達時の月収に比べて75%未満
  2. 各月の給付金はほぼ同じ。(給付期間は異なる)
  3. 再就職手当を給付してもらっていない

など・・・

それぞれの給付金の違い

大きく違う点は二つです。

一つ目は「対象者」

高年齢雇用継続基本給付金は、基本手当を受けていない人を対象にしていますが、高年齢再就職給付金は、基本手当を受けた人を対象にしています。

二つ目は「支給期間」

高年齢雇用継続基本給付金は、65歳に達するまで給付してもらうことが可能ですが、高年齢再就職給付金は、最大で2年間しか給付してもらうことはできません。

最後に・・・

ここでは簡単にしか説明していませんので、詳しくは各給付金の説明ページを参照して下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分の適正年収を調べる

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

予想内定者数などを分析して総合順位もその場ですぐに判定!自分の市場価値を客観的に判断できるので、転職活動の際に役に立ちます!

市場価値が高くなり始める25歳~35歳の若年者は是非お試しを!!

転職活動を効率よく行う方法

業界トップクラスの求人数(25,000件以上)を誇る転職エージェントのパソナキャリアはこれまで25万人以上の転職を支援!

キャリアコンサルタントの評判が高くて有名です!

転職者の8割が利用

日本最大級の登録者数を誇るリクナビNEXTに登録すればスムーズに求職活動が行えます!