ハローワーク求人を探す方法

ハローワーク求人を探す方法

ハローワークに掲載されている求人を探す方法は、

  1. ハローワークに設置されている求人情報提供端末を利用する
  2. ハローワークの職員に紹介してもらう
  3. ハローワークインターネットサービスを利用する
  4. 民間企業の転職サイトを利用する

のいずれかになります。それでは一つずつ解説していきます。

ハローワークに掲載されている求人を探す方法

1.求人情報提供端末を利用する

ハローワークの求人を探す人の多くはハローワーク内に設置されている「求人情報提供端末」を利用すると思います。

失業手当の求職活動実績を稼ぐ為にただ画面を眺めるだけの人も多いですが、ハローワークに登録されている求人のほぼ全てを観覧することができるので使わない手は無いです。

求人情報提供端末の使い方

求人を観覧すること自体はハローワークに行って窓口で「パソコン使わせてください!」と伝えれば特に手続きをする必要はありませんが、求人の応募にはハローワークカードが必要になるので、最初に求職者登録をしてハローワークカードを受け取っていた方が後々スムーズです。

ちなみに、求職者登録は在職中でも可能です。

窓口で番号札を貰ったら、その番号が振ってあるパソコンを利用して求人を探します。

パソコンの操作はタッチパネルになるので、パソコンを毛嫌いしている年配の方でもすぐ使えるようになるので問題ありません。

まず最初に、自分の年齢と就業形態と学歴を入力してから条件を絞っていきます。

検索条件で絞れるのは、

  • 雇用形態
  • 雇用期間
  • 職種
  • 就業場所
  • 休日
  • 就業期間

です。

希望しない箇所は空白でも良いですが、ある程度条件を絞らないと、有り得ない数の求人がヒットして逆に探しにくくなるので、少なくとも雇用形態と就業場所と職種ぐらいは絞った方がいいです。

2.職員に紹介してもらう

ハローワークの窓口で職員から直接求人の紹介をしてもらうことも可能なので、自分で探すのが不安だったり、やりたい仕事がなかなか決まらない場合は、職業相談も兼ねて一度相談してみると良いでしょう。

また、最初の求職者登録をする際に書いた希望条件に合致した求人があれば、郵送にて求人を案内してもらうこと可能です。

私が求職者登録してる時も、週に1件ぐらい求人の案内が送付されてきました。

3.ハローワークインターネットサービスを利用する

スマホやパソコンなどネット環境がある人は、ハローワークインターネットサービスを利用することで自宅でハローワークの求人を検索することも可能です。

誰でも求人を検索することは可能ですが、求職者登録をしなければ一部の求人の企業名などの詳細を観覧することができないので、フル活用したいのであれば、先に求職者登録を済ませておきましょう。

ただ、あくまでハローワークインターネットサービスは求人を探すためだけのツールなので、実際に求人に応募するにはハローワークに出向かねばいけません。

4.民間企業の転職サイトを利用する

厚生労働省が運営しているハローワークインターネットサービスでは、求人を観覧することができても直接応募することはできませんが、転職サイトのキャリアインデックスを利用すればサイト内から応募することが可能です。

キャリアインデックスでは、ハローワークの求人だけでは無く約20もの転職サイトや転職エージェントに一括登録して求人を観覧することが可能なので、個人的には一番オススメです。

キャリアインデックス 転職を考える。人生を変える転職サイト。
↑ハローワークの求人を見る↑

長い期間ずっと求人を載せている会社は要注意

まー、これはハローワークの求人に限ったことでは無く、転職サイトや求人誌などにも言えることですが、長い期間ずっと求人を載せている会社は、仕事が激務で離職率が高かったり、誰でも良いからとりあえず採用しておこうと思っていて社員を雑に扱う会社が多いので出来れば止めた方が無難です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分の適正年収を調べる

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

予想内定者数などを分析して総合順位もその場ですぐに判定!自分の市場価値を客観的に判断できるので、転職活動の際に役に立ちます!

市場価値が高くなり始める25歳~35歳の若年者は是非お試しを!!

転職活動を効率よく行う方法

業界トップクラスの求人数(25,000件以上)を誇る転職エージェントのパソナキャリアはこれまで25万人以上の転職を支援!

キャリアコンサルタントの評判が高くて有名です!

転職者の8割が利用

日本最大級の登録者数を誇るリクナビNEXTに登録すればスムーズに求職活動が行えます!