派遣社員から正社員を目指す!紹介予定派遣のメリット

派遣社員から正社員を目指す

正社員になるには、当然ながら正社員の求人を探すのが普通ですが、なかなか再就職先が決まらない場合は、派遣社員から正社員を目指すという手もあります。

と言っても、派遣社員はアルバイトと同じく期間の定めのある雇用形態になるので、安定した仕事を探している人には向きません。

そこで颯爽と登場するのが「紹介予定派遣」です。

紹介予定派遣とは?

紹介予定派遣とは、派遣先の企業に直接雇用されることを前提とした派遣制度のことです。

基本的に3ヶ月~最長6ヶ月の間、派遣先企業で派遣社員として働き、派遣先と労働者の双方の同意があれば派遣先の社員として雇用してもらうことができるので、安定した仕事を探している人にはオススメすることができます。

どういった職種が多い?

一番多いのが「営業」ですね。

営業スキルは実際に働いてみないと分からない部分が多いので、企業側からしてみれば正社員でいきなり雇うリスクを負うより、まずは紹介予定社員として働いてもらった方がメリットが大きいかもしれないですね。

ちなみに、営業には営業事務やラウンダーや営業企画なども含まれます。

後は、経理や財務、一般事務も多いです。

実は管理人も・・・

管理人である私も、紹介予定派遣から正社員になった一人です。

私は学校卒業後、3年ぐらいずっと販売のアルバイトをしていて、いきなり畑違いの機械設計士を目指すという離れ業を行ったので、正社員として雇用してくれる会社は皆無でした・・・

半年ぐらいずっと就職活動をしていて、もうダメかなーって思った時に紹介予定派遣の存在を知りました。

まー、とりあえず経験を積めればいっか!」ぐらいの感覚で働き始めましたが、そのままあっけなく正社員になれました。(と言うか半強制・・・)

紹介予定派遣から正社員を目指すのメリット

私の実体験をもとに、紹介予定派遣から正社員を目指すのメリットを考えていきます。

  1. 職場を見極めることができる
  2. 派遣会社の担当者が助けてくれる
  3. 大きな会社に就職できることも

1.職場を見極めることができる

一番のメリットは、実際に派遣社員として働くことで、現場の雰囲気を見極めることができるので、入社後に「こんなはずじゃなかった・・・」っと後悔する可能性が低い所ですね。

まー、直接正社員として入社しても合わなければ辞めれば良いだけですが、次の再就職先を探す際に、正社員なのにすぐ辞めたとなると、イメージが非常に悪くなります。

2.派遣会社の担当者が助けてくれる

就業先と自分との間に派遣社員が割って入ってくれるので、色々サポートしてくれます。

私の場合は、面接の指導から履歴書の書き方を指導してもらい、面接の日も一緒に付いてきてくれたので非常に心強かったです。

3.大きな会社に就職できることも

自分のスキルでは就けないような大きな会社で働ける可能性があります。但し、採用ハードルは高くなるのでそれなりの覚悟は必要です、

デメリットもある

当然ながらデメリットも存在します。

  1. 正社員になれるとは限らない
  2. 待遇が良くなるとは限らない
  3. 採用試験がシビア

1.正社員になれるとは限らない

派遣会社(このサイトもだが・・・)が大々的に紹介予定派遣から正社員を目指そう!みたいなうたい文句を言っているので勘違いする人も多いですが、紹介予定派遣から就業先に直接雇用してもら時に正社員とは限りません。

さすがにアルバイト雇用はほとんど無いですが、契約社員の可能性もあるので、面接の際にどういった雇用形態で雇い入れしてもらうか事前に確認しておいて下さい。

2.待遇が良くなるとは限らない

派遣社員から正社員になれれば、当然待遇もアップするだろうと思う人って多いですが、正社員になったからと言って待遇がアップするとは限りません。

実際に私も派遣社員の時は時給1,450円あったけど、正社員になって月給18万円ぐらいになったので時給換算すると400円ぐらい下がりました。

その分、正社員だと賞与があるので年収で言えばそれほど変わりませんでしたが・・・

3.採用試験がシビア

直接雇用することを前提とした雇用形態になるので、派遣社員の面接に比べると、採用試験がシビアです。

私も面接の際に、正社員じゃないし派遣社員の面接と似たような感じだろう!と思い、一応スーツは着ていきましたが、お気楽な感じで就業先に乗り込んだら、会議室に常務と営業部長と設計部長、総務課長まで勢揃いしていてチビリそうになったことを覚えています(笑)

直接雇用されない場合もある?

当然有り得ます。

派遣会社100社を対象に行ったアンケートによると、約14%が直接雇用が成立しないとのデータがあります。

まー、労働者側が断るケースの方が多いみたいなので、真面目に働いていればほぼ大丈夫だと思いますがね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分の適正年収を調べる

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

予想内定者数などを分析して総合順位もその場ですぐに判定!自分の市場価値を客観的に判断できるので、転職活動の際に役に立ちます!

市場価値が高くなり始める25歳~35歳の若年者は是非お試しを!!

転職活動を効率よく行う方法

業界トップクラスの求人数(25,000件以上)を誇る転職エージェントのパソナキャリアはこれまで25万人以上の転職を支援!

キャリアコンサルタントの評判が高くて有名です!

転職者の8割が利用

日本最大級の登録者数を誇るリクナビNEXTに登録すればスムーズに求職活動が行えます!