未経験の職種でも転職を諦める必要は無い!

転職をする際は、同じ職種・同じ業種の仕事に転職する方が、企業側にとっても即戦力として期待できるし、仕事の内容が大きく変わらないことから精神面での負担もそれほど大きくないので労働者側にもメリットが大きいです。

と言っても、今している仕事が自分に合わなかったり、全く新しい仕事にチャレンジしたい!と思って異業種の職場に転職する人も数多くいるのが現状です。

年齢を重ねれば重ねるほど異業種への転職ハードルは高くなります。

一概には言えませんが、30歳を超えた辺りから経験者の方が圧倒的に採用されやすくなるし待遇も良くなります。未経験者だと逆のことが言えます。

未経験者を積極採用する企業も存在する

未経験者より経験者の方が優遇されやすいのは紛れもない事実ですが、未経験者の方でも決して諦める必要はありません。

何故なら、、企業によっては未経験者を積極的に採用しているからです。

その理由を挙げていきます。

1.意識が高いから

未経験者の方は他の同僚に比べるとハンデがあるので、仕事を早く覚えようとする意識が高いです。

私の働いていた職場でも、経験者より未経験者の方が、研修でも意欲的だし好感が持てる人の方が多かった印象があります。

そー言えば、私もフリーターから初めて正社員として機械設計の仕事を始めた時は一生懸命仕事してたな・・・そして仕事に慣れれば慣れるほど一生懸命さが無くなってくる。

慣れって怖いですね・・・

2.新しい発想が出来るから

ずっと同じ様な仕事をしていると、固定概念が出来て、新しい発想をすることが困難になりがりです。

一方、異業種を経験している人はそれまでの経験を生かした新しい発想を期待できるので、特にクリエイティブな発想を求められる職種では未経験者の方が優遇されることがあります。

私も現在個人事業をしていますが、もし従業員を雇うとすれば絶対に未経験者を雇います。

まー、私の場合は、経験者を雇うことであれこれ意見を言われるのが面倒だと言う捻くれ理由ですが・・・(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分の適正年収を調べる

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

予想内定者数などを分析して総合順位もその場ですぐに判定!自分の市場価値を客観的に判断できるので、転職活動の際に役に立ちます!

市場価値が高くなり始める25歳~35歳の若年者は是非お試しを!!

転職活動を効率よく行う方法

業界トップクラスの求人数(25,000件以上)を誇る転職エージェントのパソナキャリアはこれまで25万人以上の転職を支援!

キャリアコンサルタントの評判が高くて有名です!

転職者の8割が利用

日本最大級の登録者数を誇るリクナビNEXTに登録すればスムーズに求職活動が行えます!