面接の受付はどれくらい前に行えばいい?注意点と対応の仕方を伝授

面接の受付はどれくらい前に行えばいい

面接は合否を判断する上で最も重要になるので、面接で聞かれそうな内容をまとめたり模擬面接をしたりなど、皆さんそれなりに対策を立てていると思います。

ただ、面接のことばかりに気を取られて、応募先の会社に着いてから受け付けるするまでの対応を疎かにしがちです。

面接の受付をする時・・・もっと言えば会社に着いた時点から面接が開始していると自覚しなければいけません。

面接官は意外にもこういった面接とは関係ない場所で目を光らせていることが多いので、面接時の受け答えを必死になって考えるのも大事ですが、面接の前後の対応についてもシミュレーションしておくことが就職を成功させる第一歩です。

受付するまでに注意すべきポイント

まずは身だしなみを整えて下さい。項目としては、

  • 髪型が崩れていないか
  • ヒゲのソリ残しは無いか
  • ネクタイが曲がっていないか
  • シャツが出てないか
  • カッターの襟や袖口が汚れていないか
  • スーツやシャツが汚れていないか
  • 靴が汚れていないか
  • 口臭や体臭などを無いか
  • 化粧崩れは無いか
  • ストッキングやタイツがデンセンしていないか

など・・・、挙げだせばキリが無いですが、面接に挑むときはこれらの身だしなみを整えて清潔感を出さなければいけません。

建物の中に入ったら、コートを着ている場合がコートを脱ぎ、スマホは電源を切る、もしくはマナーモードにしてバイブも切っておきましょう。

ウォークマンなど音楽プレーヤーを持っている時は誤って電源が付いて音楽が流れだすと失礼極まりないので、電源がもし付いても問題無いように音量を最小にしておきましょう。(HOLDも忘れずに)

私は以前、アルバイトの面接中でしたが、ポケットに入れたウォークマンがいきなり流れだし面接官から「ん?何か聞こえない??」と言われて焦った経験があります・・・

受付をするときに注意すべきポイント

面接の受付をする際には、

  1. 時間
  2. 場所
  3. 対応

の3つを気を付けておかなければいけません。

①受付は面接時間の何分前までに終わらせておくべき?

就職活動に慣れていない方からしてみれば、少しでも早く受付を終わらせておくことが礼儀だと思われるかもしれません。

確かに、面接時間の5分前とか寸前に受付をすると、受付でもたついたりすれば面接時間をオーバーしてしまうのでそれは論外ですが、早く終わらせすぎても、面接官に早く面接をしなければいけないと気を遣わせてしまう可能性があるので、面接時間の10~15分ぐらい前に受付を終わらせるのがベストだと思います。

②どこで受付をするのか?

ある程度大きな会社であれば、入口の所に来客者用の電話が設置されているので分かりやすいですが、工場兼事務所みたいな、どこで受付したらいいのか分かりにくですよね。

その場合は、軽く周りを見てどこにあるのか分からなければ近くにいる従業員に事情を話して案内してもらって下さい。

下手にウロチョロして挙動不審な態度を取っていると印象が悪くなります。

③どう言えばいい?

伝えることは、「自分の名前」「何時に約束しているのか」「何をしに来たのか?」「誰に用があるのか?」の4つです。

文章にすると、「お忙しい所、申し訳ございません。本日〇〇時に面接のお約束をさせて頂いている〇〇というものですけど、〇〇課の〇〇様はいらっしゃいますでしょうか?

こんな感じでしょうか・・・。

よほど意地悪な受付嬢でない限り、「ではコチラでお待ちください」と待合室などに案内されます。

その際に、履歴書や職務経歴書などの応募書類の提出を求められることもあるの、すぐに提出できるように準備しておきましょう。

面接が終っても気を抜くな!!

面接が終わっても、会社を出るまでは気を抜いてはいけません。

私も実際にサラリーマン時代に、会社の休憩室で面接に来ていた男性(20歳ぐらい)と一緒になり、後で採用担当の人から、「〇〇君(私)の隣にいた子、今日面接に来てた子なんだけどどんな雰囲気だった??」と聞かれたことがあります。

面接が終って気が緩んだ時こそが、その人の本性が現れるので、ここでムスッとした顔をしたり、スマホのアプリで遊んでいたりすると印象が悪くなりこれまでの苦労が水の泡になる可能性がありますので、面接が終ったらさっさと帰りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分の適正年収を調べる

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

予想内定者数などを分析して総合順位もその場ですぐに判定!自分の市場価値を客観的に判断できるので、転職活動の際に役に立ちます!

市場価値が高くなり始める25歳~35歳の若年者は是非お試しを!!

転職活動を効率よく行う方法

業界トップクラスの求人数(25,000件以上)を誇る転職エージェントのパソナキャリアはこれまで25万人以上の転職を支援!

キャリアコンサルタントの評判が高くて有名です!

転職者の8割が利用

日本最大級の登録者数を誇るリクナビNEXTに登録すればスムーズに求職活動が行えます!