「クールビズで面接に来て」と言われたがどんな格好で行けばいい?

クールビズ

私が就活をしていたときは、まだクールビズなんてものが無かったので、面接時はスーツを着てネクタイを付けてバッチリ決め込んで面接に挑むのが当たり前でしたが、今やクールビズが当たり前の様に企業に浸透しており、その余波は求職者にも及んでいます。

そして、いつの間にかスーパークールビズなんて言葉も登場しています(笑)

クールビズとは??

クールビズ(COOL BIZ)とは簡単に言えば、冷房の温度を28°以上に設定することにより温室効果ガスの削減を目的とした気候変動キャンペーンです。

具体的には、冷房を節約をする為に・・・ネクタイやジャケットなどを脱ぎ捨てて軽装な服装でこの暑い夏を乗り切ろうじゃないか!!ということです。

クールビズで面接に来て下さいと言われたら

本来はそこで働く従業員が対象だったクールビズも、今では求職者の面接の際にもクールビズの格好で面接に来て下さいと言われることもあるみたいです。

まー、よくよく考えれば、面接に行ってそこで働く従業員や面接官全員がラフな格好をしているのに、自分だけガッチリ決め込んで面接するのもおかしな話なので、求職者に対してもクールビズで来て下さいというのは理にかなっているかもしれません。

ただ、面接と言えばジャケットを着てネクタイをしめて臨むことが礼儀だし常識だと考えている、我々の様な古い考えの人達にとってはクールビズの格好で面接に行くのは少々気が引けます。

というか、クールビズで来て下さいと言われたものの、本当に面接でノージャケット・ノーネクタイで言っても問題ないのか??

問題無い!!が・・・

企業側からわざわざ「クールビズで来て下さい」と言われたのであれば、クールビズで面接挑んでもなんら問題ありません。(当然だが・・・)

ただ、ネクタイに関しては念のためにカバンに忍ばせておいた方が良いでしょう。

会社に出向いてそこの従業員がネクタイをしていなければ付けなくても良いし、もし付けていれば付けた方が無難です。

ネクタイなんてかさばるものじゃないから別に構わないですよね。

ちなみに、ジャケットの下に着るシャツは長袖の方が良いでしょう。さすがに半袖だと軽すぎます。

また、腕まくりに関しては面接中は勿論、待合室でも面接会場に行く途中でも、一度腕まくりをするとシワができてしまうから禁止です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
転職活動を効率よく行う方法

転職実績No.1の「リクルートエージェント」はキャリアコンサルタントの評判が高くて有名です!

求人数は非公開求人を中心に10万件以上!

無数の求人の中から自分に合った求人を選定してもらうことが可能なので、在職中でなかなか仕事を探す時間をとれない方にもお勧めです!

スピード会員登録
転職者の8割が利用!

日本最大級の登録者数を誇る「リクナビNEXT」に登録すればスムーズに求職活動が行えます!

またグッドポイント診断では、簡単な質問に答えるだけで自分の強みを客観的に把握することができるので、履歴書や職務経歴書を書く際にも役立ちます!

まずは簡単登録
自分の適正年収を調べる

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

予想内定者数などを分析して総合順位もその場ですぐに判定!自分の市場価値を客観的に判断できるので、転職活動だけではなく在職中の方にもお勧めです。

今すぐ診断する
公開日: 2015年6月28日
更新日: 2015年7月3日