面接で緊張しない為に心がけること

面接緊張

面接は、受験と同じで、結果によって自分の人生を大きく変える分岐点となる出来事なので、面接時に緊張してしまうことは何らおかしいことではありません。

どんな人であれ、少なからず緊張はするものです。

ただ、緊張しすぎて、自分の実力が発揮できなくなるのは良くありません。

誰でも緊張するからと諦めて、何の対策を取らずに面接に挑むと、面接時に頭が真っ白になってしまい、目も当てられない悲惨な面接になってしまいいつまでたっても転職を成功させることが出来ない可能性もあるので、「緊張」に対して逃げずに立ち向かいましょう。

ここでは、面接で緊張しない為に心がけることを紹介するので、特にコミュニケーションを取るのが苦手な方は参考にして下さい。

緊張する人のタイプ

おしゃべりが苦手で人とコミュニケーションを取ることが苦手な方は、面接時に緊張しやすいタイプと言えるでしょう。まー、面接に限らずですけど・・・

模擬面接で慣れる

実践では練習とは次元の違う緊張感の中で実施されるので、いくら模擬面接を繰り返し行っても、実践で全く緊張せずに面接を受けることは不可能です。

ただ、全く対策を立てずに面接に挑むより、ある程度模擬面接をこなして、少しでも面接に慣れていた方が、本番での緊張度を抑えることが出来るのは言うまでもありません。

模擬面接の際は、友人や親など気兼ねなく話すことができる人だとあまり意味が無いので、ハローワークや転職エージェント会社で実施している模擬面接を受けて、出来るだけ実践に近い環境で練習するようにしましょう。

とにかく深呼吸

人は緊張すると自然と呼吸が荒くなり酸素の消費量が多くなります。

そのままにしておくと酸素不足で余計呼吸が荒くなってパニックになってしまう恐れがあるので、少しでも呼吸が荒いと感じれば深い深呼吸をして心を落ち着かせましょう。

緊張を上手に活用しよう!

緊張すると、自分に言いたいことが言えなかったり表情が硬くなり面接官に暗い印象を与えてしまったりなど、緊張することでデメリットの部分が多く映りますが、緊張することは決して悪いことばかりではありません。

緊張することで、気が引き締まり落ち着いた雰囲気を演出することができるし、集中力が高まるという効果も期待できます。

緊張は避けて通れませんので、いっそのことこの緊張を上手く活用して、逆に有利に持っていくことを考えた方が得策です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分の適正年収を調べる

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

予想内定者数などを分析して総合順位もその場ですぐに判定!自分の市場価値を客観的に判断できるので、転職活動の際に役に立ちます!

市場価値が高くなり始める25歳~35歳の若年者は是非お試しを!!

転職活動を効率よく行う方法

業界トップクラスの求人数(25,000件以上)を誇る転職エージェントのパソナキャリアはこれまで25万人以上の転職を支援!

キャリアコンサルタントの評判が高くて有名です!

転職者の8割が利用

日本最大級の登録者数を誇るリクナビNEXTに登録すればスムーズに求職活動が行えます!