30代・40代だからこそよく聞かれる質問

30,40代の面接
30代・40代になると、一般的にキャリアを積んでいるので、企業側も即戦力として採用を考えます。

ですので面接時には、10代・20代の様に経験よりも将来性を見込んだ質問(やる気や人柄)をされることはあまり無い半面、実務を遂行する専門性や指導力などのマネジメント能力を確認する質問が中心になります。

ここでは、30代・40代だからこそよく聞かれる質問をまとめましたので、気になる方は参考にして下さい。

定番の質問

志望動機は?

必ず聞かれる質問です。

20代であれば「業務の幅を広げるため」とか「自分がやりたい仕事ができるので」とか前向きな回答をしていれば納得してもらえますが、30代・40代では業務の幅を広げることによって会社にどういった利益をもたらすことができるのかを明確に答える必要があります。

前職での実績を教えて下さい

30代、40代であればある程度経験を積んだ中堅社員と位置付けられるので、「○○の仕事を一生懸命頑張りました!」など、精神論で話すのではなく、実績を明確に示しながら答えます。

ただ、ただ実績を話すだけではダラダラしがちになるので、まず最初に結論を言ってその後にその裏付けを話していくと理解しやすいです。

仕事で失敗したことがありますか?

10年も20年も働いていれば、1度や2度は大きな失敗をしたことがあるでしょう。

ですが、失敗したということはマイナスイメージを与えられかねないので、とっさに質問されたら反射的に「無いです!!」と嘘をついてしまいがちです。

本当に思い当たる失敗をしたことが無いのであれば、話を盛ってまで失敗話をする必要はありませんが、失敗したことないってことは優秀だと思う反面、「この人は難しい仕事を任されたことが無いのかま・・・」って勘ぐられてしまうので、些細なことでも良いので、仕事中に失敗した体験を頭に思い浮かべておきましょう。

もちろん、失敗話をするだけではなく、その失敗からどういうことを学んで成長できているのか?同じ失敗を繰り返さない為にはどうするべきなのかを具体的に述べる必要があります。

意地悪な質問

転職の回数が多いですが・・・

30代・40代になると、1回や2回、多い人であれば5回、10回と転職を繰り返している人もいるでしょう。(10回は言い過ぎ・・・!?)

特に1年未満の短期で転職を繰り返していれば、「この会社に入社してもまたすぐに辞めてしまうのでは・・・」「我慢のできない人なのか・・・」とマイナスイメージを持たれ、それだけで不利になることもあります。

と言っても、転職回数が多いのは事実でごまかすことは出来ないので、転職しているのはあくまで目的があって戦略性があることをアピールして、マイナスイメージをプラスイメージ変えれるぐらいの答え方が必要になります。

実務経験がありませんが大丈夫ですか?

仕事の内容が前職と違った場合に必ずと言っていいほど聞かれる質問です。

30代~40代の求職者に期待するのは、何度も言いますが「即戦力」です。

ですが、よく考えて下さい。

書類審査を通過して面接まで進んでいるということは、企業側もあなたに対して少なからず期待を感じているということです。即戦力として活躍できるというアピールをすることができれば、実務経験が無くても十分採用されるチャンスはあります。

30代~40代であれば、少なからずマネジメントをしていると思うので、「○○のプロジェクトでは○○人の中のプロジェクトリーダーを務めていましたので、応募させていただいた仕事の経験はありませんが、そのマネジメント力で補っていきたいと思っています!!」ってな感じで、実務経験が無いことをただ受け入れるだけでは無くて、30代、40代だからこそ活かせる経験を前面にアピールしましょう。

マネジメントで無くても、前職の経験を今後の仕事に活かせることを具体例を出しながらアピールすることで実務経験が無いというマイナス面を補うことができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分の適正年収を調べる

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

予想内定者数などを分析して総合順位もその場ですぐに判定!自分の市場価値を客観的に判断できるので、転職活動の際に役に立ちます!

市場価値が高くなり始める25歳~35歳の若年者は是非お試しを!!

転職活動を効率よく行う方法

業界トップクラスの求人数(25,000件以上)を誇る転職エージェントのパソナキャリアはこれまで25万人以上の転職を支援!

キャリアコンサルタントの評判が高くて有名です!

転職者の8割が利用

日本最大級の登録者数を誇るリクナビNEXTに登録すればスムーズに求職活動が行えます!