「個人面接」と「集団面接」では対応の仕方が違う

個人面接と集団面接

一口に面接と言っても、企業の目的によって様々なスタイルがあります。

面接スタイルを大きく分けると、応募者一人に対して一人、もしくは複数の面接官が面接する「個人面接」と、応募者数名に対して数名の面接官が面接する「集団面接」の二つに分けることができます。

ここでは、それぞれの面接スタイルでの対応の仕方、考え方について解説していきます。

個人面接の心得

個人面接でよくあるパターンが、応募者一人に対して2~3名の複数の面接官が担当するスタイルです。

一般的に入社した際の直属の上司がメインの面接官になり、人事部の課長クラス、小さな会社であれば、社長や役員などの重役クラス自ら面接することもあります。

どの様な形にせよ、個人面接の場合は、あなた一人に対して面接を実施するので、自己紹介から始まり、自己PR、志望動機、職歴など一般的な質問は必ずと言っていいほど聞かれるので十分に対策しておきましょう

質問が次から次へとポンポン投げかけられるので、パニックにならないように一つずつ確実に答えることを心がけて下さい。

集団面接の心得

集団面接では、数名の応募者に対して数名の面接官が対応するスタイルです。

一度の面接で複数の応募者をふるいにかけることができるので、就活や大量に募集をかけている企業で実施されることが多いです。

集団面接では、個人面接の様に一人に与えられる時間が短いので、質問の内容を出来るだけ簡潔に答えなければいけません。自分だけダラダラと長く話してしまうと「この人は協調性が無いのか?」勘ぐられてしまいます。

応募者と面接官の会話のキャッチボールはほとんどありませんので、イレギュラーなことは起こりにくく対策は立てやすいと思います。

ただ、自分が考えていた意見が他の応募者に先に言われてしまった場合は、多少意見を変えることも必要になってきます。ですので、皆が考えにくいオリジナリティのある意見をあらかじめ用意しておきましょう。

先ほども言いましたが、集団面接では協調性も見られるので、自分の発言も大切ですが、他の応募者が話しているときも相づちを打つなど、相手の話を聞く態度も忘れずに。

面接のスタイルは他にもある

グループディスカッション

集団で面接をするスタイルですが、面接の中でテーマを決めて、そのテーマに対して応募者同士で意見を交わして面接する方法です。

コミュニケーション能力を測る際に有効な面接法になりますが、グループディスカッションに関しては転職の面接で実施されることはほとんどなく、新卒者(就活)で実施されることがほとんどです。

話を進めていく司会者のポジションが一番輝けますが、もし難しい場合は自分の意見をズバズバ言ってグループを引っ張っていきましょう。

プレゼンテーション面接

自社の製品や架空の製品をどのようにして売り込むのかを面接官に向かってプレゼンテーションする面接法です。

営業や商品開発の仕事に応募した際に実施されることがありますが、こちらも基本的には新卒者(就活)の面接で実施されることがほとんどです。

ディベート

ディベートとは、決められたテーマに対して討論することです。テレビ番組の討論番組でよく見ますよね。

自分の意見を的確に言って相手を納得させる話術が必要になります。

まー、ディベートに関しても転職時の面接で実施されることはほとんど無く、一部大企業やベンチャー企業の新卒者向けの面接で実施されることがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分の適正年収を調べる

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

予想内定者数などを分析して総合順位もその場ですぐに判定!自分の市場価値を客観的に判断できるので、転職活動の際に役に立ちます!

市場価値が高くなり始める25歳~35歳の若年者は是非お試しを!!

転職活動を効率よく行う方法

業界トップクラスの求人数(25,000件以上)を誇る転職エージェントのパソナキャリアはこれまで25万人以上の転職を支援!

キャリアコンサルタントの評判が高くて有名です!

転職者の8割が利用

日本最大級の登録者数を誇るリクナビNEXTに登録すればスムーズに求職活動が行えます!

公開日: 2016年2月5日