35歳を過ぎると転職するのが難しくなるのって本当?

35歳
皆さん、「35歳転職限界説」って聞いたことがありますか?

若い方なら馴染みのない言葉かもしれませんが、35歳転職限界説とは、35歳を過ぎると企業側が敬遠するので転職しにくくなりますよ!っていうボーダーラインのことです。

私は現在34歳なので、この言葉が耳障りで仕方ないですが・・・

何故に35歳??

雇用対策法の改正により、平成19年10月からの求人募集の中で年齢を制限することが禁止されました。

ですので、求人の中で「この店はフレッシュさをアピールしているので26歳までの若い方を募集しまーす!」とか、「体力が必要なので40歳までしか応募できませーん!」などいった募集の仕方は全面禁止です。

その一方で、長期勤続によるキャリア形成を図る観点から若年者などの正社員採用に限りますが、年齢に制限を設けることができます。(職業経験を問わないなど条件があります)

若年

 

こちらの文面は、厚生労働省が事業者向けに提示している年齢制限の例外について書かれている記述になります。(職業安定法第5条)

その中の文面を見ると、若年層は35歳未満の方を想定していると書いています。

そういうこともあって、特にハローワークの求人では、「キャリア形成のため35歳までの若年層を募集します」など、35歳を一区切りにしている求人が多くなっており、その求人を見た人達が、全ての求人で35歳を超えれば求人が激減して転職するのが困難になると勘違いでしているのです。

そうです、勘違いなんです。

確かに企業側からしみれば、求職者の年齢が上がれば上がるほど、定年までの年数が少なくなるので、今後のキャリアスパンを考えると敬遠しがちになるし、入社して自分より若い上司と上手くやっていけるのだろうか・・・など余計な心配をしてしまって、結局年齢が障害になって書類審査すら通過できないことなんてザラです。(要求もドンドン上がっていくしね・・・)

企業が30代・40代の求職者に求めるもの

ただ、年齢を重ねれば重ねるほどスキルや経験を積むことが出来るので、10代・20代の若者に比べれば即戦力として活躍することを期待できるので、人材を育成する時間やコストをかけたくな企業であれば、これから育成する将来性のある若者より、ある程度即戦力としてそれなりに働いてくれる30代以降の求職者が求められます。

更に、30代後半から40代前半にかけては、真面目に働いていれば、より専門的な知識を持っているし、多くの方が何かしらのマネジメントの経験があると思うので、具体的な実績を挙げながら職務経歴書に書くなり、面接時にアピールすればそれだけで、経験の浅い若者より有利になることもあります。

私は今、一人で個人事業をしていますが、スタッフを雇うとなると、経験のある30代、40代を雇います。

年齢が高くても経験がある人の方が、どの程度働いてくれるので計算を立てやすいし、何よりリスクが少ないですからね・・・

35歳の方が転職するときに考えること

35歳だと所帯を持っている人もいることでしょう・・・って結婚してる人の方が多いですよね。私は独身(汗)

結婚してマイホームを持っていれば、勤務地が自宅から通える範囲と限られてしまうので、販売職など毎年の様に役職が上がるにつれて全国を転々する企業だとかなり警戒されます。

単身赴任で転勤に対応出来ますか?そこまでの覚悟はありますか?

あと、給料の問題も出てきます。

一般的に、年齢を重ねれば重ねるほど転職時に給料が下がりやすくなります。

待遇面で不満があって転職することを決意しても、いざ転職活動したら今より待遇の悪い会社にしか相手にしてもらえない・・・なんてことも全然あり得るので、今の会社に勤めながら転職活動することは必須です。

もう一つは心の問題ですが、年齢を重ねれば重ねるほど自分の仕事のやり方が確立してくるので、新しい環境で自分のやり方と違った仕事をすることに凄くストレスを感じる人がいます。(それ私)

自分では協調性があると思っていても、職場にいると徐々に孤立してしまい、結局退職してしまうといった事例も多くあるので、今までの考えを全て捨てろ!とまでは言いませんが、ある程度、柔軟な対応ができるように心がけなければいけません。

結局何が言いたいのか

35歳転職限界説はハローワークの求人内容から作り出された虚像にしか過ぎない。

自分のスキルや経験を存分にアピールすることが出来れば、35歳であれ40歳であれ若者なんかには負けない!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分の適正年収を調べる

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

予想内定者数などを分析して総合順位もその場ですぐに判定!自分の市場価値を客観的に判断できるので、転職活動の際に役に立ちます!

市場価値が高くなり始める25歳~35歳の若年者は是非お試しを!!

転職活動を効率よく行う方法

業界トップクラスの求人数(25,000件以上)を誇る転職エージェントのパソナキャリアはこれまで25万人以上の転職を支援!

キャリアコンサルタントの評判が高くて有名です!

転職者の8割が利用

日本最大級の登録者数を誇るリクナビNEXTに登録すればスムーズに求職活動が行えます!

公開日: 2016年2月24日
更新日: 2016年2月26日