求人企業に電話で問い合わせする際のマナーと注意点

求人企業に電話で問い合わせ

求人情報だけでは分からないことがあるので、応募する前に問い合わせをすること自体は全然悪いことではありません。

ただ、最初に理解しておいてほしいのは、企業側は求人に対する問い合わせと言えど、電話をしてくることを毛嫌いする傾向にあるということです。

その理由は「求人に関する問い合わせは電話?メール?常識なのは・・・」を参照して下さい。

メールで問い合わせできる環境にあれば電話では無くてメールで問い合わせした方が良いですが、メール環境が無い方やそもそも企業のメールアドレスが分からない場合は電話で問い合わせするしか方法はありません。

また、メールではどうしてもレスポンスが遅くなりがちなので、応募期限が迫っている時なども同様に電話で直接問い合わせた方がいい場合もあります。

求人企業に電話で問い合わせする際のマナーと注意点

では、これらの理由で電話で問い合わせをせざるを得ない方の為に、電話で問い合わせをする際のマナーと注意点について解説していきます。

本当に分からない情報なのか確認せよ!

まず最初に、問い合わせをする以前に問い合わせをする内容が本当に分からない情報なのかを確認して下さい。

求人情報だけでは無く、企業のHPや他の求人サイトなど確認することが必要です。

電話をする前にすること

問い合わせをする内容をメモにまとめておいて下さい。

メモやノート、その場で面接の段取りがされることもあるのでカレンダーも用意しておいた方が良いです。

求人情報に沿って内容を確認したりされたりすることもあるので、求人内容をプリントアウトするなりパソコンがそばにあれば、そのページを立ち上げておきましょう。

スマホや携帯からの電話は避けるべし!

スマホや携帯だと場合によっては電波が悪くなり途中で通話が切れてしまう可能性があるので固定電話でかける方がいいでしょう。

一人暮らしの方など固定電話が無い方は仕方ありませんが・・・

もし電話が途中で途切れてしまった場合は、かけ直してくるのを待つのではなく、すぐにかけ直してお詫びの言葉を一言添えましょう。

周囲の雑音に注意すべし!

テレビの音など周囲に雑音がある場合、会話の内容が聞き取れないし何より常識の無い人だと思われるので避けて下さい。

そう考えると、雑音の多い外出先よりは家の中で電話をかける方が良いでしょう。

時間帯に気を付けよ!

メールで問い合わせをする際は、問い合わせをする時間をそれほど気にする必要はありませんが、電話で問い合わせをする際には時間帯に細心の注意を払わなければいけません。

まず絶対に避けなければいけない時間帯が、「始業前~直後」「終業直前~」「昼食時」です。

始業前は仕事の準備をしなければいけないし、始業直後は朝礼や打ちあわせなどがあるので何かと忙しいからです。

終業直前も定時で終了する為にラストスパートをかけている従業員が多いし、定時終了後は担当者が不在の可能性があるので避けた方がいいです。

ですので、まずはその会社の就業時間と終業時間を求人情報をもとに理解して下さい。

ちなみに昼食は一般的に11:30~13:30ぐらいを目安にするといいでしょう。

電話のかけ方

ファーストコンタクト

電話をかけると、大抵は事務の人(言い方が悪いですが下っ端の社員)に繋がるので、「お忙しいところ恐れ入ります。〇〇(求人を掲載しているサイトなど)の求人情報を拝見させて頂いた〇〇(名前)と申します。求人情報に関していくつか確認させて頂きたいことがありますが、採用担当の方はいらっしゃいますか?」といった内容で採用担当者に繋いでもらって下さい。

求人情報に採用担当者の名前が記載されている場合は、その担当者の名前を言って下さい。

担当者に代わったら

採用担当に代わったら、面倒ですがもう一度同じ内容を言って下さい。

(最後の、「採用担当の方はいらっしゃいますか?」の所を「お時間をいただいてよろしいでしょうか?」に変えて下さい)

質問内容を告げる

質問内容は出来るだけ簡潔にまとめておいて下さい。

電話をきる

お忙しい所、応して頂きありがとうございました。」と言って電話をきって下さい。

その場で臨機応変な対応をしてもらって構わないですが、大まかな流れとしてはこんな感じになると思うので、電話をかけた際にアタフタしないよう様に、一連の流れをシミュレーションしておいて下さい。

最後に・・・

これらの情報はビジネスマナーの常識として捉えられていることなので、自分の都合だけを考えて無視してしまうと、企業側から「この人は一般常識が無い人なのか??」と敬遠され、その時点で弾かれる可能性があります。

まだ応募段階でないから気にする必要は無いと思われるかもしれませんが、問い合わせの時点で選考が始まっていると思って、気を引き締めて問い合わせをして下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分の適正年収を調べる

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

予想内定者数などを分析して総合順位もその場ですぐに判定!自分の市場価値を客観的に判断できるので、転職活動の際に役に立ちます!

市場価値が高くなり始める25歳~35歳の若年者は是非お試しを!!

転職活動を効率よく行う方法

業界トップクラスの求人数(25,000件以上)を誇る転職エージェントのパソナキャリアはこれまで25万人以上の転職を支援!

キャリアコンサルタントの評判が高くて有名です!

転職者の8割が利用

日本最大級の登録者数を誇るリクナビNEXTに登録すればスムーズに求職活動が行えます!