英語力を活かせる仕事を探す方法

0127

英語を話すのが好きだから!」「海外で仕事がしたいから!」「英語を使う仕事ってカッコ良さそう!」など、英語を使う仕事に就きたいと思っている人って結構いるでしょう。

ただ、英語の仕事と一口に言っても、グローバル化が加速していく中で,国際共通語である英語を使った仕事って無数にあるので漠然と英語の仕事をしたいと思うだけでは仕事を絞り込むことは難しいです。

どういった職種・業種で自分の英語力を活かすことができるのかをイメージする為に、ここでは英語を使う仕事をいくつか紹介するので参考にしてみて下さい。

英語力を活かすことができる仕事

事務・営業系

【商社社員】

商社とは、簡単に言えば国内外の売り手と買い手の間で商品を売買するビジネスのことです。

商談から始まり成約、検品まで全て行うので、英語力は勿論、商品知識や営業力も必要になります。

幅広い事業を展開しているので、海外取引に関する業務の他に事務的業務もこなさなければいけないので、英語力を活かすことができない職場に配属されることもあります。

【外資系企業】

外資系企業とは、外国の会社が一定比率の株式を持っている、日本に現地法人を持っている企業のことです。

仕事内容自体は一般企業とさほど変わりませんが、外国からの駐在員が多くを占めるので、メールや電話などのやりとりは英語が多く、企業によっては英語を公用語化していることもあります。

外資系企業は実力主義の世界なので、能力のある人はドンドン上に上がって収入もアップしやすいですが、年功序列を採用していない企業が多いので、年齢が上がるにつれて自動的に収入がアップする世界でも無いです。

意欲のある若者にとってはやりがいのある仕事かもしれません。

【通関士】

輸出入の申告書などの通関書類をチェックするのが通関士の仕事です。通関士の国家資格がありますが、資格を取得しなくても通関士として働くことは可能です。

通関士の仕事をしたいのであれば通関業者に就職するのが最も手っ取り早いですが、最近では通関業者を利用せずに自社で全ての通関業務を行う一般企業が増えているので、そういった企業で通関士として働くのも一つの手です。

販売・サービス系

【ショップのバイヤー】

アパレルや雑貨などを海外に買い付けに行く際も、当然ながら交渉は外国語になるので、英語力は必要になります。

いわゆる輸入ビジネスは、ある程度の判断は個人に委ねられているので、商社の様に大きなお金が動くことはありませんがやりがいはあると思います。

若くて学歴が乏しい方でも、ショップで経験を積んで実績を上げれば外国を相手に勝負できる数少ない仕事の一つです。

【通訳者】

英語を使った仕事って何があるだろう・・・って考えた時に多くの方が真っ先に通訳の仕事を思い浮かべるのではないでしょうか?

通訳者の仕事は、異なる言語を話す人たちがコミュニケーションをとる際に、双方の伝えたいことを相手に的確に伝える仕事です。

皆さんが身近に感じる通訳者としてスポーツ選手や芸能人の通訳をしている通訳者を思い浮かべると思いますが、そういった有名人の通訳を出来る人はほんの一握りで、多くの通訳者が企業間の通訳業務を行っています。

通訳者の多くがフリーとして活躍しているので、安定した仕事を求めている方には向いていません。

【通訳ガイド】

日本に旅行に来る外国人に同行して日本各地の名所を案内する仕事です。

旅行者が気持ちよく楽しく観光を楽しめるようにサポートして上げる為にも、英語力やコミュニケーション能力はもちろん、観光地の情報を事前に把握しておくことが必要です。

ちなみに、通訳ガイドの仕事をするには国家資格である通訳案内士の資格を取得して登録する必要があります。

【客室乗務員】

女性の憧れ、客室乗務員。

旅客機内の乗客が安全に過ごせるように接客することを業務としています。

機内の点検、飲み物や食事の提供、機内でのトラブルの対応・説明など全て客室乗務員が行います。国内線であれば、客席50名あたり1名の客室乗務員が必要になります。

働き方としては、基本的にまずは航空会社に契約社員として入社して、そこで数年経験を積んで実力が認められれば正社員になることができます。

海外で働きたい!!

英語力を活かした仕事をしたい人の中には、海外に羽ばたいて活躍したいと考えている人もいるでしょう。では、海外で働くことができる仕事ってどういったものがあるのでしょう?

  • 現地のツアーコンダクター
  • 現地の日本語教室の教師
  • 海外のコールセンター
  • 外交官
  • 国際公務員

などありますが、職種や業種なんて何でもいいから海外で働きたいのであれば、いっそのことカバン一つで海外に行って現地で仕事を探すのも一つの手です。

もちろん、そう簡単にいくとは思いませんが何事もチャレンジです。海外で経験を積めばそれだけで語学力の証明になるので、特に若い方は後先考えずに飛び込んでみてはいかがでしょう。

ちなみに、日本人が多く住む国の一番はアメリカで30万人以上の日本人がアメリカに住んでいます。

英語力が活かせるその他の仕事

ざっくり挙げていきます。

  • 秘書
  • パイロット
  • グランドスタッフ
  • 運航管理者
  • ツアーコンダクター
  • ホテルスタッフ
  • マーチャンダイザー
  • ジャーナリスト
  • カメラマン
  • コーディネーター

など・・・

いっぱいありますよね。

英語を活かす仕事を探すには?

自分ではなかなか探しにくいので、転職エージェントを利用してキャリアコンサルタントに相談しながら仕事を探すのが最も合理的です。

パソナキャリアでしたら、経験豊富なキャリアコンサルタントがいるし評判も良いのでお勧めです。

パソナキャリア

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分の適正年収を調べる

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

予想内定者数などを分析して総合順位もその場ですぐに判定!自分の市場価値を客観的に判断できるので、転職活動の際に役に立ちます!

市場価値が高くなり始める25歳~35歳の若年者は是非お試しを!!

転職活動を効率よく行う方法

業界トップクラスの求人数(25,000件以上)を誇る転職エージェントのパソナキャリアはこれまで25万人以上の転職を支援!

キャリアコンサルタントの評判が高くて有名です!

転職者の8割が利用

日本最大級の登録者数を誇るリクナビNEXTに登録すればスムーズに求職活動が行えます!

公開日: 2015年11月30日