年金の仕組みを分かりやすく解説

年金の仕組み

年金と言っても若い方なら支払うだけでうっとおしい存在かもしれませんが、老後の生活を安定させるためには必要不可欠な年金の仕組みについて出来るだけ分かりやすく解説していきます。

公的年金には3つの種類がある

国民年金

国民年金は国が運営している公的年金で基礎年金とも言われています。

日本に住んでいる20歳~60歳の全ての国民は国民年金に加入しなければいけません。(加入義務があるので当然ですが納付義務も発生します)

国民年金には、65歳から支給される「老齢基礎年金」、死亡した際に遺族に支払われる「遺族基礎年金」、障害を持った場合に支払われる「障害基礎年金」の3つの給付が存在します。

国民年金の詳細については、「国民年金の基礎をしっかり理解しておこう」を参照して下さい。

厚生年金

厚生年金は厚生年金保険法によって定められている公的年金で、社会保険が完備されている会社に勤めている従業員が加入する年金です。

当サイトは失業者を対象にしたサイトになるので、サラリーマンが加入する厚生年金については詳しく説明する予定はありません。

共済年金

共済年金は国家公務員や地方公務員が加入する公的年金になります。

こちらも失業者が加入する年金ではありませんので詳しい説明は除外します。

公的年金は3階構造

20歳~60歳の全ての人が加入する「国民年金」、サラリーマンが加入する「厚生年金」、公務員が加入する「共済年金」の3つの公的年金について解説してきましたが、勘の良い方ならおかしな点に気付くはず・・・

国民年金って全員加入しなきゃダメなら厚生年金に加入しているサラリーマンも加入しなきゃダメなの?」っと・・・

そうです、厚生年金に加入しているサラリーマンも、共済年金に加入している公務員も、無職のプータローも20歳から60歳であれば全ての国民は国民年金への加入義務があります。

厚生年金の保険料は給料から天引きされるのが一般的なので、皆さんそれほど気にしていないかもしれませんが、厚生年金+国民年金の保険料が徴収されていることになります。

両方の年金を払わなきゃならないってサラリーマンって損じゃん・・・」って思われるかもしれませんが、その分、年金の受給額が多くなるので、老後の生活はより安定します。

公的年金の3階構造

イメージするとこの様になります。

自営業者や社会保険に加入できないアルバイトや無職の方は、2階の厚生年金や共済年金に加入することができませんので、将来受け取る年金額がサラリーマンに比べて少なくなります。

少しでも老後に多くの年金を貰おうと思えば追加で国民年金基金に加入することも出来ますが(俗に言う上乗せ年金)、失業中で収入が無い時にそんな余裕ないですよね・・・

老後より今が大事ですし・・・

なので、国民年金基金については、また機会があれば解説します。

  • 公的年金は3種類存在する
  • サラリーマンも国民年金に加入する
スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分の適正年収を調べる

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

予想内定者数などを分析して総合順位もその場ですぐに判定!自分の市場価値を客観的に判断できるので、転職活動の際に役に立ちます!

市場価値が高くなり始める25歳~35歳の若年者は是非お試しを!!

転職活動を効率よく行う方法

業界トップクラスの求人数(25,000件以上)を誇る転職エージェントのパソナキャリアはこれまで25万人以上の転職を支援!

キャリアコンサルタントの評判が高くて有名です!

転職者の8割が利用

日本最大級の登録者数を誇るリクナビNEXTに登録すればスムーズに求職活動が行えます!