国民年金の基礎をしっかり理解しておこう

国民年金の基礎

年金の仕組みを分かりやすく解説」では公的年金の大まかな解説をしてきましたが、ここでは失業者の多くが加入することになる国民年金の基礎について解説していきます。

国民年金とは?

国民年金とは、国民年金法などによって定められている公的年金で、日本に住んでいる20歳~60歳の方は、無収入であれ大金持ちであれ全ての人が加入しなければいけません。

国民年金の加入者

国民年金の加入者は被保険者になりますが、第1号被保険者・第2号被保険者・第3号被保険者の3つのパターンに分けられます。

第1号被保険者

自営業者や学生や社会保険に加入できないアルバイトなどが該当します。

失業中(無職)の方も該当するので、このサイトを見ている多くの人は第1号被保険者になると思います。

およそ2,000万人が第1号被保険者になります。

第2号被保険者

厚生年金に加入しているサラリーマンやOL、共済年金に加入している公務員が該当します。

サラリーマンは会社の厚生年金に加入するから国民年金に加入しない!と勘違いされている人も多いですが、第2号被保険者は国民年金と厚生年金(公務員は共済年金)の両方に加入しなければいけません。

ですので、第1号被保険者に比べると毎月の保険料は割高になります。(その分、受け取れる年金は多い)

およそ3,800万人が第2号被保険者になります。

第3号被保険者

第2号被保険者(サラリーマンや公務員)に扶養されている配偶者が該当します。

およそ1,000万人が第3号被保険者になります。

国民年金の保険料

国民年金の保険料は1か月あたり15,590円です。(平成27年度)

厚生年金が被保険者の収入(標準報酬月額)を基に保険料を算出するのに対して、国民年金は一律です。

国民年金の給付

若い方であれば支払う保険料ばかり気になって給付に関してはあまり興味が無いかもしれませんが、国民年金の給付には「老齢基礎年金」「障害基礎年金」「遺族基礎年金」の3つの給付が存在します。

まだまだ先の話でピンとこないかもしれませんが、皆さん国民年金を給付してもらう為に保険料を納めているので給付に関してもある程度は理解しておいて下さい。

ここで国民年金の給付に関して書きだしたら長くなりそうなので、「国民年金の基礎年金には3つの給付が存在する」で詳しく解説します。

  • 国民年金は20歳から60歳の全ての人が加入する公的年金
  • 国民年金の加入者は3つのパターンに分けられる
  • 国民年金の保険料は一律
スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分の適正年収を調べる

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

予想内定者数などを分析して総合順位もその場ですぐに判定!自分の市場価値を客観的に判断できるので、転職活動の際に役に立ちます!

市場価値が高くなり始める25歳~35歳の若年者は是非お試しを!!

転職活動を効率よく行う方法

業界トップクラスの求人数(25,000件以上)を誇る転職エージェントのパソナキャリアはこれまで25万人以上の転職を支援!

キャリアコンサルタントの評判が高くて有名です!

転職者の8割が利用

日本最大級の登録者数を誇るリクナビNEXTに登録すればスムーズに求職活動が行えます!

公開日: 2015年4月18日
更新日: 2015年6月19日