国民年金の保険料っていくら払うの?

国民年金の保険料

2015年4月~2016年3月までの国民年金の保険料は『月額15,590円』になります。

保険料は毎年アップしている

国民年金を毎年キチッと払っている方ならお分かりかとは思いますが、国民年金の保険料は2005年度以降から毎年280円ずつアップしています。

更に、厳密には2005年からマクロ経済スライドによる改定率が設けられ、2004年以降の物価や賃金の変動を反映した率を乗じることにより保険料を算出しています。

ちなみに、2015年度の改定率は0.952になるので、(13,300円+(280円×11年))×0.952=15,590円になります。

年度 年金保険料
2005年 13,580円
2006年 13,860円
2007年 14,100円
2008年 14,410円
2009年 14,660円
2010年 15,100円
2011年 15,020円
2012年 14,980円
2013年 15,040円
2014年 15,250円
2015年 15,590円

途中改定率の影響で保険料が下がっている年度もありますが、年280円アップが大きくのしかかるので、2005年から10年間で2,010円も保険料がアップしていることが分かります。

今後はどうなっていくの?

(一応)2004年の法改正により、2017年に月額16,900円×賃金変動率によって固定されるので、これまでみたいに年々上がり続けることは無いと思われます。

但し、賃金変動率を乗じることにより最終的な保険料が決定するので、全国の給料水準が下がれば保険料は安くなるし、逆にアップすれば高くなると言うことです。

まー、現行制度のままなら年金制度が破綻するとも言われているので、また法改正されるのも時間の問題かもしれませんね・・・(勿論、不利になる)

  • 2015年の国民年金保険料は月額15,590円
  • 国民年金保険料は毎年アップしている
スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分の適正年収を調べる

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

予想内定者数などを分析して総合順位もその場ですぐに判定!自分の市場価値を客観的に判断できるので、転職活動の際に役に立ちます!

市場価値が高くなり始める25歳~35歳の若年者は是非お試しを!!

転職活動を効率よく行う方法

業界トップクラスの求人数(25,000件以上)を誇る転職エージェントのパソナキャリアはこれまで25万人以上の転職を支援!

キャリアコンサルタントの評判が高くて有名です!

転職者の8割が利用

日本最大級の登録者数を誇るリクナビNEXTに登録すればスムーズに求職活動が行えます!