失業手当って毎月いくら貰えるの?

失業保険を貰いたい

失業した際に、金銭的な面で一番頼りにするのが「失業手当」なのは言うまでもありません。

しかし、失業保険ってどれぐらい貰えるのかを理解していない人は少なくありません。理解していないと言うより、理解する気が無いと言った方が正しい表現かもしれません・・・

ここでは、失業手当の支給額を出来るだけ分かりやすく解説していきます。

失業手当の毎月の支給額を決定する要素は『退職した会社の給料』と『退職時の年齢』です。

退職した会社の給料

失業手当の支給額を決める基準になるのが、退職した会社の給料です。基本的には、給料が高いほど失業手当の支給額は多くなりますが、給付率や支給額の上限が設定されているので少々ややこしくなります。

まずは、賃金日額を算出してみましょう。

賃金日額の算出方法

賃金日額とは、簡単に言うと前職の日給です。

もう少し掘り下げて言うと、退職する前の6カ月間の給料を180で割った額です。

賃金日額に含まれるもの
  • 基本給
  • 残業手当
  • 役職手当
  • 営業手当
  • 交通費
  • 住宅手当

など・・・

賃金日額に含まれないもの
  • 退職金
  • 賞与(ボーナス)

など・・・

退職前の6カ月間の給料が180万円だった場合は、180万円÷180日=賃金日額は1万円になります。

退職時の年齢と賃金日額から給付率を算出

退職時の年齢が29歳以下
賃金日額(W) 給付率 基本手当日額
2,300円以上4,600円未満 80% 1,840円~3,679円
4,600円以上11,650円以下 50%~80% 3,680円~5,825円※1
11,650円超 12,780円以下 50% 5,825円~6,390円
12,780 円(上限額)超 6,390円(上限額)
退職時の年齢が30歳~44歳
賃金日額(W) 給付率 基本手当日額
2,300円以上 4,600円未満 80% 1,840円~3,679円
4,600円以上 11,650円以下 50%~80% 3,680円~5,825円※1
11,650円超 14,200円以下 50% 5,825円~7,100円
14,200円(上限額)超 7,100円(上限額)
退職時の年齢が45歳~59歳
賃金日額(W) 給付率 基本手当日額
2,300円以上 4,600円未満 80% 1,840円~3,679円
4,600円以上 11,650円以下 50%~80% 3,680円~5,825円※1
11,650円超 15,610円以下 50% 5,825円~7,805円
15,610円(上限額)超 7,805円(上限額)
退職時の年齢が60歳~64歳
賃金日額(W) 給付率 基本手当日額
2,300円以上 4,600円未満 80% 1,840円~3,679円
4,600円以上 10,490円以下 45%~80% 3,680円~4,720円※2
10,490円超 14,910円以下 45% 4,720円~6,709円
14,910 円(上限額)超 6,709円(上限額)

基本日額と給付率から基本手当日額を決定します。基本手当日額とは、失業手当1日分の支給額です。

ちなみに、賃金日額(基本手当日額)は、「毎月勤労統計」の平均定期給与額の増減により、毎年8月1日にその額を変更するので、毎年同じ支給額ではありません。

※ここで説明しているの2014年8月1日から1年間の情報

給付率に幅がある箇所の計算方法

※マークが付いている箇所は給付率に幅があるので、多少計算式が複雑になります。

※1の場合

基本手当日額

= (-w2+23,400w)/23,500

例:Aくん24歳で賃金日額が9,000円の場合

(-9000^2+23400*9000)/23,500

=5514円(給付率は68.9%)

※2の場合

基本手当日額

= (-7w2+126,440w)/117,800

= 0.05w+4.196

のいずれか低い方

例:Cさん61歳で賃金日額が10000円の場合

(-7*10000^2+126,440*10000)/117,800

=4791円(給付率は47.9%)

0.05w+4.196

=4696円(給付率は46.9%)

んで、毎月いくら貰えるの?

厳密に言えば、1ヶ月単位では無く28日周期で失業手当てを受け取ることになるので、28日間の支給額を算出します。

せっかくなので、先ほど登場させたAくんとBさんを例に挙げて考えます。と言っても、基本手当日額に28日をかけるだけなんですけどね(笑)

Aさん(24歳で賃金日額9,000円)の場合

基本手当日額5,514円×28日

=154,392円

Bさん(61歳で賃金日額10,000円)の場合

=基本手当日額4696円×28日

=131,488円

  • 失業手当の毎月の支給額は前職の給料を元に決定される
  • 賃金日額は退職前6カ月間の平均日給
  • 失業手当には上限が存在する
スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分の適正年収を調べる

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

予想内定者数などを分析して総合順位もその場ですぐに判定!自分の市場価値を客観的に判断できるので、転職活動の際に役に立ちます!

市場価値が高くなり始める25歳~35歳の若年者は是非お試しを!!

転職活動を効率よく行う方法

業界トップクラスの求人数(25,000件以上)を誇る転職エージェントのパソナキャリアはこれまで25万人以上の転職を支援!

キャリアコンサルタントの評判が高くて有名です!

転職者の8割が利用

日本最大級の登録者数を誇るリクナビNEXTに登録すればスムーズに求職活動が行えます!

公開日: 2015年2月19日
更新日: 2015年6月19日