原則的に給付制限中はアルバイトをしても問題ない

アルバイトをしても問題は無い

自己都合退職で一番厄介なのが3ヶ月の給付制限が設けられているという所。

給付制限中は基本手当がまだ支給されないので、この3カ月間は無収入を乗り越えなければいけません。

実家暮らしなどで出費を抑えれる人であれば、お金に困ることなく転職活動に専念することも可能かもしれませんが、一人暮らしの方や家族を養っている人、貯金が無い人にとっては、無収入で3カ月間を乗り越えることは極めて困難です。

収入を得るためには、アルバイトをすることが一番手っ取り早いですが、

失業手当の給付手続きをしたらアルバイトをしてはいけない

そう思っている人って結構多いと思います。

給付制限中はアルバイトをしても問題ない

アルバイトをしながらでも基本手当を満額もらう方法」でも解説していますが、基本手当を支給してもらいながらでも、キチンと申告すればアルバイトをしても問題ありません。

但し、失業給付中はアルバイトをする時間や収入によっては、基本手当が減額になったり先延ばしになる可能性があるので、皆さんアルバイトをすることに警戒があるんです。

しかし、給付制限中はそもそもまだ基本手当が支給されていませんので、アルバイトをしても何の影響も無いと考えることができます。

実際に、雇用保険受給説明会の時にハローワークから支給される「雇用保険の失業等給付受給資格者のしおり」にも、給付制限中はアルバイトをしてはいけない!といった記述はどこにも見当たりません。(待期期間中はダメですよ・・・)

但し、例外もある

アルバイトの制限が無いからと言って、フルタイムで勤務してしまうと今度は就職とみなされる可能性があるので注意が必要です。

どのラインが就職とみなされるのかは、各地域のハローワークによって考え方が違うので何とも言えませんが、常識的に月に10日~15日程度の労働日数であれば就職とみなされない可能性の方が高いでしょう。

(ちなみに、私が住んでいた愛知県〇〇市は月に10日ぐらいまでなら大丈夫と言っていました)

まずはハローワークで相談を

ますはアルバイトをする前に、月に何日のアルバイトなら働いても問題無いのかを自分の地域を管轄しているハローワークの職員に相談してみましょう。

また、アルバイトをする場合はその期間に関係なく申告の必要があります。ハローワークによっては採用証明書や退職証明書の提出を求められることもあるので、どういった手順で申告すればいいのかをキチンと確認しておきましょう。

  • 給付制限中はアルバイトをしても原則的に基本手当に影響は無い
  • アルバイトの日数が多くなると就職とみなされ基本手当がストップする可能性がある
  • 就職の考え方は地域により判断が異なるのでハローワークで相談しよう
  • いかなる場合でもアルバイトの申告が必要
スポンサーリンク
スポンサーリンク
自分の適正年収を調べる

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

予想内定者数などを分析して総合順位もその場ですぐに判定!自分の市場価値を客観的に判断できるので、転職活動だけではなく在職中の方にもお勧めです。

今すぐ診断する
転職活動を効率よく行う方法

転職実績No.1の「リクルートエージェント」はキャリアコンサルタントの評判が高くて有名です!

求人数は非公開求人を中心に10万件以上!

無数の求人の中から自分に合った求人を選定してもらうことが可能なので、在職中でなかなか仕事を探す時間をとれない方にもお勧めです!

リクルートエージェンの公式サイト
転職者の8割が利用!

日本最大級の登録者数を誇る「リクナビNEXT」に登録すればスムーズに求職活動が行えます!

またグッドポイント診断では、簡単な質問に答えるだけで自分の強みを客観的に把握することができるので、履歴書や職務経歴書を書く際にも役立ちます!

リクナビネクストの公式サイト
公開日: 2015年2月28日
更新日: 2015年7月21日