円満退職の仕方!心晴れやかに旅立とう

女の人

このサイトを見ている人の多くは、今働いている会社を何かしらの理由で退職することを考えていると思います。

(もう退職している人もいるでしょうが・・・)

会社とトラブルになって辞める人、スキルアップの為に辞める人、給料が安すぎて辞める人、可愛い女の子がいなくて辞める人など・・・

リストラや倒産などの会社都合でクビになる場合を除いて、自己都合により会社を退職をする際は、少なからず会社に迷惑をかけることになるのは確実です。

会社がこれまであなたに投資した「お金」や「時間」が、(ほとんど)全てパーになりますからね。

円満退職の仕方

会社を辞める際は、出来るだけ会社とトラブルなく円満に退職することを心がけるでしょうが、円満退職する際には「退職時期・日程」と「引き継ぎ」の2つのポイントを押さえておけば、まず問題ありません。

退職時期・日程

法律上(労働基準法)では、会社を退職する2週間前(14日前)までに、退職願や退職届を提出すれば、どんな理由があれ退職日をもって退職することが可能です。

しかし、有給休暇を消化したり、引き継ぎなどの時間を考慮すると、2週間ではとてもじゃないが短すぎます。

特に、営業職など取引先の顧客との引き継ぎがある場合は、取引先に迷惑をかけない為にも、出来るだけ早く退職意思を伝えることが大事です。

一般的には、有給休暇の消化を除いて1ヶ月半前までに退職意思伝えておけば問題はありません。

就業規程に「退職する際は〇〇日前までには退職願を提出すること」などの記載があれば、その規定に基づいて行動しましょう。

但し、退職することをあまりに早く言いすぎると、退職までの待遇面(特に賞与)で不利になることもあるので注意して下さい。

会社側としては退職していく人間に無駄に投資する必要も無いですからね。

退職したい人50

引き継ぎ

退職願が受理されると、会社はあなたの後任者を選出、または新たに採用して補充することになります。

そうなると後任者に、あなたがこれまでしてきた業務を全て引継ぎしなければいけません。

もうこの会社を辞めるから適当に引き継げばいいや!」と思うのではなく、自分のしてきた業務を他人に分かりやすく教えることは今後の人生で絶対に役立つので、今までの仕事で培った全ての知識を発揮できる場所だと考えて真剣に引き継ぎ業務を行いましょう。

退職したい人100

気持ちよく退職して心晴れやかに

民法上の法律で考えれば、退職する2週間前に退職願では無く「退職届」を突き出して一方的に退職することも可能です。(よくドラマでありそうなやつ・・・)

しかし繁忙期での退職や、後任者への引き継ぎが十分に出来ない期間での退職は、会社に迷惑をかけるだけではなく、同業他社に転職する場合や会社の近所で転職する場合など、その時の退職状況を知る人物が現れる可能性も考えられますので、自分の今後の為にもトラブル退職は避けましょう。

どこで噂が広がるか分かりませんよ・・・

  • 円満退職するには「退職時期・日程」と「引き継ぎ」を抑えれば問題なし!
  • 退職意思は有給休暇を除いて1ヶ月半前までに告げよ!
  • 引き継ぎはこれまでしてきた仕事の集大成
  • トラブル退職はどこで噂が広まるか分からない
スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分の適正年収を調べる

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

予想内定者数などを分析して総合順位もその場ですぐに判定!自分の市場価値を客観的に判断できるので、転職活動の際に役に立ちます!

市場価値が高くなり始める25歳~35歳の若年者は是非お試しを!!

転職活動を効率よく行う方法

業界トップクラスの求人数(25,000件以上)を誇る転職エージェントのパソナキャリアはこれまで25万人以上の転職を支援!

キャリアコンサルタントの評判が高くて有名です!

転職者の8割が利用

日本最大級の登録者数を誇るリクナビNEXTに登録すればスムーズに求職活動が行えます!

公開日: 2015年2月3日
更新日: 2015年6月19日