退職前は残業をしまくって失業手当の支給額をアップさせよう

1万札

退職前は、転職活動やら何かと手続きが必要だったりで忙しくなりますが、退職すると収入が無くなってしまうので、退職前に出来るだけ残業をしていっぱい残業代を稼ぐことを考えなければいけません。

(残業代が支給される人に限りますが・・・)

残業することで失業手当の支給額をアップすることができる

失業手当って毎月いくら貰えるの?」で詳しく解説していますが、失業時に受け取る失業手当の支給額は、前職の給料(退退職前の6カ月間)を元に決定されます。

例えば・・・

私が以前働いていた会社の条件で計算してみます。

  • 年齢33歳
  • 勤続年数3年(自己都合退職)
  • 基本給25万円
  • 交通費0円
  • 役職手当0円
  • 営業手当0円
  • 残業代:1,770円/h

退職前6ヶ月の残業時間が50時間の場合

賃金日額の計算

(基本給25万円*6ヶ月+1,770円*50時間)/180日

=8,825円

基本手当日額の計算

(-8,825^2+23,400*8,825)/23,500

=5,473円

総支給額

5,473円*90日

=492,570円

退職前6ヶ月の残業時間が200時間の場合

基本手当日額の計算

(基本給25万円*6ヶ月+1,770円*200時間)/180日

=10,300円(賃金日額)

基本手当日額の計算

(-10,300^2+23,400*10,300)/23,500

=5,741

総支給額

5,741円*90日

=516,690円

総括

退職前6カ月間の残業時間が50時間と200時間だった場合、失業手当の総支給額は「24,120円」の差が出ることが分かりました。

給料が多い程、支給率が下がるので、残業代がそのまま失業手当に加算される訳ではありませんが、1日1時間ちょっと残業を増やすことで支給額にこんなにも差が出ることを覚えておいてください。

※算出方法は「失業手当って毎月いくら貰えるの?」を参照して下さい

  • 失業手当は前職の残業代により左右される
  • 退職前の6カ月間は出来るだけ多く残業する
スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分の適正年収を調べる

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

予想内定者数などを分析して総合順位もその場ですぐに判定!自分の市場価値を客観的に判断できるので、転職活動の際に役に立ちます!

市場価値が高くなり始める25歳~35歳の若年者は是非お試しを!!

転職活動を効率よく行う方法

業界トップクラスの求人数(25,000件以上)を誇る転職エージェントのパソナキャリアはこれまで25万人以上の転職を支援!

キャリアコンサルタントの評判が高くて有名です!

転職者の8割が利用

日本最大級の登録者数を誇るリクナビNEXTに登録すればスムーズに求職活動が行えます!

公開日: 2015年2月19日
更新日: 2015年6月19日