育児休業給付ってどれぐらい貰えるの?

育児休業給付

育児休業を取得した際に条件を満たすことで支給される「育児休業給付」ですが、ここでは育児休業給付の支給額について解説していきます。

育児休業給付=賃金日額×支給日数×67%(50%)

支給額を計算式で表すとこの様になります。

スポンサーリンク

基本的な考え方

賃金日額の考え方

賃金日額は育休取得前から遡って6ヶ月間の賃金を180で割った金額になります。

ちなみに、この賃金の中には賞与などの臨時的に支給される賃金については含みません。

失業給付の基本手当と同じ考えで結構です。

支給日数の考え方

育休の対象期間が、育児休業給付の支給対象期間でもあります。

育休の対象期間については「育児休業給付の支給対象者とその内容」を参照して下さい。

ちなみに、支給日数は30日単位になります。

支給割合の考え方

育児休業給付は賃金日額全額が支給される訳ではありませんので、産休前の給料に比べると支給額は下がります。

具体的には、育休取得後180日間は賃金日額の67%が支給され、181日目以上は50%になります。

ちなみに、平成26年4月1日までは全ての期間で50%でした。

育休中も会社から給料が支給される場合

勤務している会社によっては育休中も会社から給料が支払われることもあります。

給料が賃金日額の30%未満

満額支給されます。

給料が賃金日額の30%以上80%未満

賃金日額×支払日数の80%相当額と会社から支払われる賃金額の差額分が支給されます。

給料が賃金日額の80%以上

支給されません。

育児休業給付の支給例

育休時に会社から給料が支給されなければ冒頭の計算式で計算してもらえばすぐに算出することができますが、育休中も会社から給料が支給される場合は考え方が少し複雑になるので例を挙げて考えてみましょう。

『育休開始時の賃金日額が6,000円で、育休時も会社から日額4,000円支給される場合』

賃金月額は18万円(6,000円×30日)、育休時の月収は12万円(4,000円×30日)になります。

育児休業給付月額と育休時の月収を合わせた額の最大が、育休前の賃金月額の80%までになるので、

賃金月額18万円×80%=144,000円が最大金額になります。

育休時の月収が12万円あるので、その額を差し引いた

144,000円-120,000円=2,2000円が育児休業給付として毎月支給されます。

上限額・下限額が設定されている

育休前の賃金日額の30を乗じた額(月収)が426,000円を超える場合は426,000円になり、69,000円を下回る場合は69,000円になります。

尚、育児休業給付の各支給期間ごとの支給額の上限は、支給率が67%の場合で285,420円、50%の場合で213,000円になります。

※平成27年7月31日まで

  • 育児休業給付の支給額は賃金日額×支給日数×67%(50%)
  • 育休中も給料が支給されると減額される可能性がある
  • 育児休業給付金には上限と下限が設定されている
スポンサーリンク
スポンサーリンク
転職者の8割が利用

リクナビNEXT」は転職者の8割が利用する日本最大級の転職サイトです

リクナビNEXTだけの限定求人が約85%!圧倒的な求人数で、都市部の求人はもちろんですが、地方の求人も網羅しています。

効率よく転職活動を進める

転職活動をどう進めたら良いのか分からない!待遇の良い会社に採用されない!履歴書の書き方が分からない!

そんな方はコンサルタントの評判が上々の転職支援実績No.1の「DODA」を利用してみて下さい。

求人件数は5万件以上!DODAで扱っている求人の8割がサイトに公開されていない非公開求人になりますので、まずは登録してみて下さい。

フリーター専門の転職サイト

フリーター経験しかないけど待遇の良い会社に正社員として働きたい!そんな方にお勧めなのが、リクルートグループが運営する「就職Shop」です。

転職成功者の4人に3人は正社員未経験者!利用者数は10万人以上!書類選考がないので学歴や職歴で落とされることはありません。

関連記事

公開日: 2015年3月28日
更新日: 2015年6月19日