男性でも育児休業をとりやすくなった?育休取得率は?

育休取得率

サラリーマンをしている人であれば、男性の育休取得率が少ないことは容易に想像できますよね?

ちなみに、私がサラリーマンをしていた時の職場では、育休を取得した男性社員の話って聞いたことがありません。

周りの友人や知人でも、男性に限って言えば育休を取得した子はいないし、男性が育休を気軽に使える雰囲気の会社ってほぼ皆無だと思います。

その証拠に、厚生労働省が発表した「雇用均等基本調査(平成25年度)」によると、女性の育休取得率が76.3%なのに対して、男性の育休取得率は2.03%しかありません。

50人に1人しか育休を取得していません。

しかも、育休を取得している男性でも、その大半は数日から数週間程度のプチ休暇です。

スポンサーリンク

会社で育休の規定が無い場合は?

そもそもオレの会社は育休の規定が無いから休めないんだよね!」と、思われているあなた!

育休は法律で定められているので、会社の規定のあるなしの問題は一切関係ないので、育休の条件を満たしていれば、例え会社の規定に育休に関する記述が無くとも、申請を拒むことはできません。

育休の取得条件は緩くなっている

これまでは、専業主婦(専業主夫)の家庭では育休を取得することができませんでしたが、育児休業制度が2010年に改正されたことにより取得することができるようになりました。

ですので、「奥さん(夫)が子育てしているならあなたが育休を取得する必要がないじゃない!」という理屈は通らなくなりました。

また、「パパ・ママ育休プラス制度」により、男性も育休を取得しやすい様に法律は改正されています。

そんなの関係なーい!

しかし、どれだけ育休の取得条件を緩くしても、企業が男性の育休に対して認知しなければ意味がありません。

育休を取得することにより出世に響くからとか、自分が育休を使って休むことにより仕事が回らなくなるので使えないって人も大勢いるでしょう。

どうすれば育休が取りやすくなるのか?

いくら法律で取得しやすくなっても、職場の中が制度を取得しにくい雰囲気だったら、よっぽど肝が据わっている人でなければ取得することは困難です。

ちなみに、育休を取得しない理由の一位は「職場の雰囲気」です。

どうすれば皆が育休を取りやすい環境になるのかを考えると非常に難しいです。

上司が育休を取得していれば自分も取得しやすいですが、若い上司ならともかく40代や50代の上司が育休を取得するってあまり有り得ないですよね。

そう考えると、それこそ国が育休取得を義務付けるぐらいしか解決方法は無いかもしれませんね。

  • 未だに男性は育休を取りにくい
  • 男性の育休取得率は2%程
  • 育休をフル活用している人はほとんどいない
  • 育休の取得条件は緩くなっている
スポンサーリンク
スポンサーリンク
転職者の8割が利用

リクナビNEXT」は転職者の8割が利用する日本最大級の転職サイトです

リクナビNEXTだけの限定求人が約85%!圧倒的な求人数で、都市部の求人はもちろんですが、地方の求人も網羅しています。

効率よく転職活動を進める

転職活動をどう進めたら良いのか分からない!待遇の良い会社に採用されない!履歴書の書き方が分からない!

そんな方はコンサルタントの評判が上々の転職支援実績No.1の「DODA」を利用してみて下さい。

求人件数は5万件以上!DODAで扱っている求人の8割がサイトに公開されていない非公開求人になりますので、まずは登録してみて下さい。

フリーター専門の転職サイト

フリーター経験しかないけど待遇の良い会社に正社員として働きたい!そんな方にお勧めなのが、リクルートグループが運営する「就職Shop」です。

転職成功者の4人に3人は正社員未経験者!利用者数は10万人以上!書類選考がないので学歴や職歴で落とされることはありません。

関連記事

公開日: 2015年3月28日
更新日: 2015年6月19日