関東でブライダル業界への転職を考えている方にお勧めのサイト

女性なら一度は憧れるのが、幸せを応援するウェディングプランナーというお仕事。

一見「若い娘だけの仕事なのでは?」と思ってしまうものの、ひとたび蓋を開けてみると「キャリアを積んだ女性たち」が手に職をもちながらキラキラ仕事をこなしている様子を知ることができます。

看護師や介護士などと比べて特定の資格が必要なく、一度その世界に足を踏み入れれば「自分好みのカラー」に染めることができるのもブライダル業界のお仕事。

実際にウェディング業界の仕事を経験したことのある筆者が、どう転職をおこなえば良いのか、そのポイントとコツをご紹介します。明日の懸け橋への、参考にしてみてください。

バラエティ豊か、ブライダル業界のお仕事

ひと口にブライダル業界の仕事といっても、実はウェディングプランナー以外にも幾つかの細かい業種があります。

ブライダルコーディネーター

カップルに向けて「披露宴と結婚式」に対するアドバイスをおこなう仕事。式全体のトータルプロデュースをおこなうため、独りよがりではなく客観的に物事を見とおせる力が必要です。

カップルの想いやご両親からのリクエストなどを受け、よりよいプランを組んでいく遣り甲斐のある仕事です。

ブライダル専門カメラマン

カップルのドレスアップした写真を撮影し、編集や製作をおこなうのがブライダル専用カメラマン。披露宴で流す動画の作成を頼まれることもあり、相手の意向に応じて臨機応変に動けることが望まれます。

ブライダル系企業のスタッフ

ブライダル企業のスタッフといっても、色々な仕事があります。自社のサービスをより広めるための広報スタッフ、商品を選定するバイヤー、ウェディングプランナーを取りまとめるマネージャー職、自社のサイトを製作するシステムエンジニアなど、そのすそ野も広いことがポイントです。

前職のキャリアを生かして、自分の強みを生かしながら働けるメリットがあります。

フラワーコーディネーター

披露宴や2次会の会場を、生花や造花をつかいデザインするお仕事。専門資格を持っていると、より転職に有利になることもあります。

どんなやりがいがあるの?

これからブライダル業界に進みたいと思っている方にとって、どんな魅力があるのかは気になるポイント。メリットをまとめてみました。

人に「感謝される」仕事

ブライダル業界に転職した方が口をそろえて話すのは、お客さまから感謝されるということ。一生に一度の晴れの席に関われるということもあり、多くの人の笑顔と「ありがとう」という気持ちに、いつも接しながら仕事をおこなうことができます。

一般的な事務職や営業職とことなり、こうした良いオーラに囲まれて仕事ができるのは、あまり見られないこと。良い気に囲まれて仕事ができるため、自然と仕事に対する情熱もアップします。

クリエイティブな力をいかせる

披露宴会場のプロデュースなど、ブライダル業界の仕事は「働く人のセンスが問われる仕事」。オシャレなことが好き、流行に敏感な方は、その人自身のセンスを生かしながら元気に働くことができます。

「こうなったらイイのに」と思った気持ちを目に見える形にデザインすることができるため、より目の前の仕事に集中して取り組めます。

未経験でも働けるの?

ブライダル業界に転職したい人にとって、キャリアの有無は気になるポイントです。ちなみに筆者がブライダル業界に飛び込みで仕事していたときは「ほぼ未経験状態」。

周囲のスタッフさんたちも、大きなキャリアを積んで望んでいた方は少なかったように感じます。

ブライダル業界において、目立ったキャリアや資格は必要ないもの。それ以上に転職先の企業からかわれるのは「やる気と情熱」です。どんなに優れた知識があっても、情熱的に仕事に取り組むことができなくては、お客さんに感動と勇気を与えることはできません。

筆者もそうでしたが、ブライダル業界の仕事はやる気さえあれば何とか乗り切れるもの。足りない経験値は周囲のスタッフの方が上手にカバーしてくれます。「未経験だから難しいかな?」と諦めずに、まずは一歩壁を突破してみることが大切です。

とはいえ、あった方がイイ資格は?

ブライダル業界において「未経験」は何ら問題はありません。とはいえ、持っておいた方が転職時に有利に働くケースもあります。以下は持っておくと、オトクな資格です。

ウェディングプランナー

ウェディングプランナー検定の試験があり、1級や2級を持っていると持っていない人と比べて待遇が有利になることもあります。

単なる結婚に対する知識だけではなく、営業や経営のセンスを磨くこともできるため、働きながらキャリアアップのために資格勉強をしている方も多いようです。

カラーコーディネーター

カラーコーディネーターの資格はマストではありませんが、持っているとやはり転職先の企業に良い印象を与えられることもあります。

カラーが気持ちに与える意味合いや、相性の良いカラー同士を学べるなど、センスだけではなく「科学的な知識」も得ることができます。

ブライダル業界の求人ってどうやって探すのか

ブライダル業界にスムーズに進むためには、良いパートナーを見つけておくことが大切です。

ブライダル専用の企業を選ぶ

たとえばブライダル専門の転職会社に「リクシィキャリア」があります。転職支援のサービスは実に様々なサイトがありますが「ブライダル専門」となると数は絞られてくるもの。

ブライダル業界のみに的を絞って仕事探しをおこなうことで、より自分の理想に近い求人をダイレクトに見つけることができます。

また「リクシィキャリア」のようなブライダル業界に大きなパイプを持った企業では、ハローワークには掲載されていないような穴場の求人を多数かかえていることもあります。非公開求人が数多く眠ってるため、より待遇の良い仕事を狙うこともできます。

個人的な見解も入りますが、実際に筆者もリクシィキャリアを経験した1人として、この会社には「ブライダル業界に詳しいスタッフが多い」ことも大きなポイントです。

実際にブライダル業者で働いた経験のあるカウンセラーが多く在籍しているため、経験にもとづいたアドバイスを受けることができます。

ブライダル業界に強い履歴書の書き方、面接の受け答えの仕方など、細やかなところまでフォローしてくれる企業のためおすすめです。こうした良き相棒と仲良くなっておくと、自分の居心地の良い企業に羽ばたくことができます。

リクシィキャリアで求人を探す

男性と女性に向いている職種

ブライダル業界というと「女性のもの」というイメージが強いですが、筆者の体験から言うと「かなりの数の男性スタッフの姿」もよく見かけます。

もしこれからブライダル業界に入ってみたいと考えている男性の方がいれば、ぜひおすすめしたい業界のひとつ。営業やマネージャー職・店舗の支店長職・マーケティング職など、男性ならではの仕事も豊富にあります。

一方でセンスをいかせるのが女性向けの職種です。ウェディングプランナーは一番人気の職種ですが、この他にもネイリスト・メイクアップアーティスト・フラワーコーディネーターなど、お洒落な業種も沢山あります。

気になる給料はいくら

転職先の企業によって変わるものの、ウェディングプランナーで年収500万円~600万円、ブライダル企業のマネージャー職になると年収900万円くらい貰えることが多くなっています。

もちろんその人の頑張りによっては、これ以上の年収を稼ぐこともおおいに可能です。これからますます発展していく分野のため、異業種と比べて「年収が高い」ことも嬉しいメリットです。

まとめ

関東でブライダル業界へ転職を考えている方への情報を、まとめてお伝えしました。実際にブライダル業界で働いた経験のある筆者からいわせると、結婚関係の仕事は「とても楽しく、やり甲斐のある仕事」です。

もちろん主役は花嫁&花婿のお2人ですが、やりがいは十二分に感じられるため、第2・第3のヒロインになることもできます。

自分にあった理想の働き方をしたいなら、良いマッチングサイトを見つけることも大切です。おすすめはリクシィキャリア。希望を叶えてくれる、満足度の高い転職を成功させてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク