ハローワークにおける求職登録の仕方

ハローワークから求人に応募するには、『求人登録』をしなければいけません。

この求人登録は失業中の方はもちろん、在職中の方も登録可能なので、仕事を探す際は、まず求人登録を済ましておくと便利です。

それでは、求人登録する手順を追って説明していきましょう。

スポンサーリンク

求職登録の方法・流れ

  1. 最寄りのハローワークに出向く
  2. 総合受付で『求職申込書』を貰う
  3. 総合受付で報告
  4. 職業相談の前に設置されているボックスに提出
  5. 求人登録を完了させる

1.最寄りのハローワークに出向く

自分の住んでいる地域を管轄しているハローワークに行きましょう。

失業保険の給付手続きをする際は、求職活動と同時に行うと効率的です。(求人登録をするだけでしたら何処のハローワークでも構いません)

2.総合受付で『求職申込書』を貰う

ハローワークに行くと、入り口を入ってすぐの所に『総合受付』がありますので、そこにいる職員に「求職者登録をしたい」と申し出てください。

すると、職員から『求職申込書』を手渡されますので必要事項を記入します。

【記入事項】

  • 求職申込書の画像を貼る
  • 氏名
  • 性別
  • 年齢

3.総合受付で報告

提出前に記入漏れが無いかしっかりと確認してください。

そして、求職申込書の記入が終わりましたら、総合受付へ記入が終わったことを報告しましょう。報告すると整理番号と整理番号の入った書類ケースが配布されます。

4.職業相談の前に設置されているボックスに提出

総合受付で報告が終わったら、先ほど貰った書類ケースに求職申込書を入れて職業相談の前に設置されているボックスに提出します。

(提出先の番号が記されていますので、迷うことはありません)

5.求人登録を完了させる

窓口担当者と簡単な面談をします。

面談内容は、主に求職申込書の記入漏れの確認と、どんな仕事をやりたいかの確認をします。早い場合だと数分で終わりますので、気負いする必要はありません。その時、一緒に職業相談をすることをおすすめします。

そして、最後に『ハローワークカード』を配布されます。このハローワークカードは求人の応募をする際に必要になりますので、無くさずに保管して、ハローワークに行かれる際は必ず持参しましょう。

以上で、求職登録は終わりです。

何事もなければ、全ての手続きを完了するのに1時間ぐらいで完了できます。ハローワークを利用される予定じゃない方でも、とりあえず登録だけしておいて、職業相談などで利用することをオススメします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
転職者の8割が利用

リクナビNEXT」は転職者の8割が利用する日本最大級の転職サイトです

リクナビNEXTだけの限定求人が約85%!圧倒的な求人数で、都市部の求人はもちろんですが、地方の求人も網羅しています。

効率よく転職活動を進める

転職活動をどう進めたら良いのか分からない!待遇の良い会社に採用されない!履歴書の書き方が分からない!

そんな方はコンサルタントの評判が上々の転職支援実績No.1の「DODA」を利用してみて下さい。

求人件数は5万件以上!DODAで扱っている求人の8割がサイトに公開されていない非公開求人になりますので、まずは登録してみて下さい。

フリーター専門の転職サイト

フリーター経験しかないけど待遇の良い会社に正社員として働きたい!そんな方にお勧めなのが、リクルートグループが運営する「就職Shop」です。

転職成功者の4人に3人は正社員未経験者!利用者数は10万人以上!書類選考がないので学歴や職歴で落とされることはありません。

関連記事

公開日: 2018年7月5日
更新日: 2018年7月6日