求人に関する問い合わせは電話?メール?常識なのは・・・

求人に関する問い合わせ

求人内容に関して問い合わせをする場合、電話で問い合わせすれば良いのかメールで問い合わせをしようか迷われている方も少なくないでしょう。

私の様に古い考えの人間だと、電話で直接担当者とコミュニケーションを取った方が手っ取り早いし礼儀だと思ってしまいますが、ネット社会の現代において考え方は変わっている様です。

スポンサーリンク

メールで問い合わせるのが常識?

多くの会社では専任の採用担当っていないんですよね。

実際に私がサラリーマン時代に勤めていた、社員100名程度の製造機器メーカでも総務主任が他の業務と並行して応募者の管理や面接の段取りなどをしていたので・・・

そういった背景を頭に入れて、電話で問い合わせして欲しいですか?メールで問い合わせして欲しいですか?

あなたが採用担当者の立場で考えてみて下さい。

電話だとその場で対応しなくてはいけなく業務に支障が出る可能性が高いし、いきなり突拍子もないヘンテコな質問をされた場合、その場で答えるのに困ってしまうこともあるので、恐らく大半の方がメールで問い合わせて欲しいと思うはずです。

何より、担当者が不在で折り返して電話したら問い合わせ者も不在で不在のスパイラルに陥る可能性もありますから・・・(笑)

その点、メールなら不在でも後から確認できるし、業務を片付けてからゆっくり考えて返信できますしね。

多くの担当者がメールでの問い合わせを好むので、リクナビなどの大手転職サイトでは、「応募フォーム」の他に「問い合わせフォーム」を設置されています。

メールだとキチンと届いているのか不安・・・

メールだと相手と直接やりとりする訳では無いので、応募者の中には「キチンとメールが届いているのか??」や「自分の伝えたいことがキチンと伝わっているのか??」と心配になる方もいるかもしれません。

実際に私も若かりし頃に、転職サイトを利用して気になる企業に勤務地についての問い合わせをメールでしたんですが、1週間たっても連絡が無くてモヤモヤした記憶があります。

結局その時は、担当者が不在だったみたいで(本当かどうかは定かではないが・・)10日後ぐらいに返答が来ましたが、確かにメールだと不安な部分もありますね。

時と場合による

メールで問い合わせた方が良いと言いましたが、メールだと「レスポンスが悪くなる」というデメリットがあるので、何でもかんでもメールで問い合わせするのが得策という訳ではありません。

電話で問い合わせをすること自体悪いことでは無いので、早急に問い合わせ内容の結果を知りたい場合は、メールで問い合わせるより電話で直接問い合わせた方が良いかもしれません。

パソコンなんて持ってねーぞ!!」という方も電話で問い合わせするしかないですよね。

あっ、くれぐれも企業に直接問い合わせをする場合は、携帯電話やスマホのキャリアメールを使ってはいけませんよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フリーター専門の転職サイト

フリーター経験しかないけど待遇の良い会社に正社員として働きたい!そんな方にお勧めなのが、リクルートグループが運営する「就職Shop」です。

転職成功者の4人に3人は正社員未経験者!利用者数は10万人以上!書類選考がないので学歴や職歴で落とされることはありません。

効率よく転職活動を進める

転職活動をどう進めたら良いのか分からない!待遇の良い会社に採用されない!履歴書の書き方が分からない!

そんな方はコンサルタントの評判が上々の転職支援実績No.1の「DODA」を利用してみて下さい。

求人件数は5万件以上!DODAで扱っている求人の8割がサイトに公開されていない非公開求人になりますので、まずは登録してみて下さい。

自分の適正年収を調べる

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

予想内定者数などを分析して総合順位もその場ですぐに判定!自分の市場価値を客観的に判断できるので、転職活動だけではなく在職中の方にもお勧めです。

市場価値が高くなり始める25歳~35歳の若年者は是非お試しを!!

関連記事

公開日: 2015年6月28日
更新日: 2015年7月3日