技能者育成資金融資制度とは?

技能者育成資金融資制度

公共職業訓練には「技能者育成資金融資制度」と呼ばれる制度が存在します。

技能者育成資金融資制度を利用する人はそう多くないと思いますが、一応紹介しておきます・・・

スポンサーリンク

技能者育成資金融資制度とは?

こうも漢字が並ぶと頭がクラクラしますね・・・

技能者育成資金融資制度とは、お金が無くて公共の職業訓練に通うことが困難な方の為にできた融資制度で、一定の要件を満たせば、授業料などに充てる資金を労働金庫から融資してもらうことができます。

融資の条件

  • 公共職業能力開発施設に在学
  • 申し込み時点で18歳以上
  • 能力開発施設長から成績優秀で推薦
  • 父母の直近1年間の所得が基準以下
  • 連帯保証人を立てることが出できる

成績の基準は?

1年次であれば、入校試験の成績順位が、本人の属する学科の上位2分の1以内または同等レベル。在校中の学業成績が判明している方は、本人の属する学科の上位3分の1以内または同等レベル。

所得が基準以下って?

所得に関しては、訓練生の父親や母親、または家計を支えている人全員の所得をもとにします。

世帯人員 所得基準額
1人 3,780,000円
2人 4,820,000円
3人 5,280,000円
4人 5,550,000円
5人 5,820,000円
6人 6,020,000円

6人を超える場合は、1人につき200,000円ずつ加算されます。

詳しい条件は、各訓練施設で確認して下さい。

条件を満たせば必ず融資してもらえるとは限らない

あくまで民間の金融機関が最終決定するので、上記の条件を満たせば必ず融資してもらえるとは限りません。

いくら融資してくれるの?

普通課程

  • 自宅通校:260,000円
  • 自宅外通校:310,000円

総合課程、専門課程、長期課程など

  • 自宅通校:500,000円
  • 自宅外通校:590,000円

上記の額が融資の限度額になります。

返済はいつまで?

返済は訓練終了後から10年間なのでかなり余裕があると言えます。

それまでに就職してバンバン稼いで返済しましょう!!

ちなみに、利息は年利3%(固定金利)です。

申込方法

訓練校から「技能者育成資金融資要件確認書兼推薦書」の交付を受けて、必要事項を記入の上、最寄りの労働金庫へ提出します。

その後、審査が完了して融資可能と判断されれば融資契約を締結することができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
転職者の8割が利用

リクナビNEXT」は転職者の8割が利用する日本最大級の転職サイトです

リクナビNEXTだけの限定求人が約85%!圧倒的な求人数で、都市部の求人はもちろんですが、地方の求人も網羅しています。

効率よく転職活動を進める

転職活動をどう進めたら良いのか分からない!待遇の良い会社に採用されない!履歴書の書き方が分からない!

そんな方はコンサルタントの評判が上々の転職支援実績No.1の「DODA」を利用してみて下さい。

求人件数は5万件以上!DODAで扱っている求人の8割がサイトに公開されていない非公開求人になりますので、まずは登録してみて下さい。

フリーター専門の転職サイト

フリーター経験しかないけど待遇の良い会社に正社員として働きたい!そんな方にお勧めなのが、リクルートグループが運営する「就職Shop」です。

転職成功者の4人に3人は正社員未経験者!利用者数は10万人以上!書類選考がないので学歴や職歴で落とされることはありません。

関連記事

公開日: 2015年5月15日
更新日: 2015年6月19日