大企業に転職しても必ずしも幸せな人生を送れるとは限らない

大企業で働く

会社を退職して再就職先の企業を選ぶ基準は、皆さんそれぞれあるでしょうが、多くの方が「待遇」を気にしているのではないでしょうか。

私もこれまで2回転職を経験してきましたが、求人情報で職種の次に真っ先に見るのが待遇でした。

待遇が良い会社と言えば、私のようなミーハー中年は「大企業」を思い浮かべますが、確かに大企業はその辺の中小企業に比べると、給料や福利厚生など待遇面で優れています。

世界のトヨタ自動車をはじめ、日本銀行 や三井物産や三菱地所などのボーナス支給額を見たら腰が砕けます・・・(笑)

その他にも、大企業で働くメリットとして、大企業で働くことで社会的信用が増すので、ローンが通りやすくなります。それに、大企業で働いているというだけで女性にモテることだってあります。挙げればキリはありませんが、小さな会社で働くより大企業で働く方がメリットは多いのは確かです。

ただ、大企業に転職したからと言って必ずしも幸せな人生を送れるとは限りません。

大事なのは転職することでやりがいのある仕事が出来るかどうかに尽きる

勿論、仕事をする上でお金を稼ぐことが最も重要なのは言うまでもありません。特に妻子持ちのお父さんなど家庭を持っている方からしてみれば「待遇」を気にして、大企業とはいかないまでも、出来るだけ大きい会社で安定した収入を得たいという心理は痛いほど分かります。

でも、転職するときに真っ先に考えなければいけないのは、転職することで自分のやりたい仕事が実現できるかどうかに尽きると思っています。

うん、綺麗ごとですね。ただ、本当にそう思います。

私は現在個人事業をしていますが、今の段階でサラリーマン時代の2/3ぐらいしか収入はありません。

ただ、自分の好きなことをやりたいように出来ているので、会社を辞めたことに対して全く後悔していないし、今は楽しい人生を送れています。

逆に1回目の転職の時は、退職した会社に比べて月給は22万円→25万円にアップしましたが、嬉しいのは最初だけで、結局、待遇が良くてもやりたい仕事が出来なければ途中で挫折してまた転職を考えるだけなんだなーっと身を持って体験しました。

大企業に入社してもやりがいのある仕事が出来るとは限らない

大企業に入社すれば、やりがいのある大きな仕事を任されると思われている方もいますが、働く会社が大きくなればなるほど、あなたの会社への貢献度は低くなるので、やりがいといった面ではあまり感じられないかもしれません。

何故かって?

会社が大きくなれば大きくなるほど従業員も当然増えるので、社員一人にかかる責任や負担は軽くなります。あなたが大企業の中でどれだけ頑張っても、あなた一人の力で目に見えるほどの業績をアップすることはほぼ不可能です。

また、多くの社員で同じような仕事をするので、業務も細分化されて仕事が単調化することだってありえます。仕事のマニュアルだって出来上がっているので、自分勝手な判断で仕事をすることも困難です。

一方、社員数名のベンチャー企業で働く場合、やっている仕事の内容自体は大企業の仕事に比べると小さなことかもしれませんが、社員の数が少ないで、社員一人にかかる責任や負担は大企業に比べると重くなります。

仕事だって、場合によってはエンジニアをしながら営業をしたりなど様々なことをこなしていかなければいけません。

私も初めて正社員として働いた会社が、社員数十名の小さな産業機械メーカーで機械設計の仕事をしていましたが、決まったマニュアルなんて無くて自分で考えながら仕事をしていました。

次に入社した会社が社員1万名ほどのそこそこ大きな会社でしたが、設計の手順がほとんどマニュアル化されていて自由な設計が出来ずに息苦しい思いをした経験があります。

どっちがやりがいのある仕事なのかって、人それぞれで感じ方が違うでしょうが、少なくても私は小さな会社でも良いので、自分の仕事ぶりで会社の業績が大きく変わるような会社で働く方がやりがいを感じると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分の適正年収を調べる

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

予想内定者数などを分析して総合順位もその場ですぐに判定!自分の市場価値を客観的に判断できるので、転職活動の際に役に立ちます!

市場価値が高くなり始める25歳~35歳の若年者は是非お試しを!!

転職活動を効率よく行う方法

業界トップクラスの求人数(25,000件以上)を誇る転職エージェントのパソナキャリアはこれまで25万人以上の転職を支援!

キャリアコンサルタントの評判が高くて有名です!

転職者の8割が利用

日本最大級の登録者数を誇るリクナビNEXTに登録すればスムーズに求職活動が行えます!

公開日: 2015年12月24日
更新日: 2015年12月25日