面接の日にお通夜や葬式が被った場合、辞退しなきゃならない?

面接葬式

今日、母親のお姉ちゃんがガンで亡くなりました。これからお通夜に行くんですが、明日のお葬式に企業での面接が入っています。親や親戚には自分の人生を左右するかもしれないことなので、葬式には出席しなくても良いよって言ってくれていますが、凄くお世話になっていた人なので出来れば葬式に出席したいと思います。葬式に出席する場合、面接は辞退するしかないのでしょうか?希望している仕事でやっと面接まで進んだ会社なので出来れば面接に行きたいです。

日程調整が出来ないのか電話で直接相談しましょう

ご愁傷さまです。ご親戚がお亡くなりになったばかりで動揺しているとは思いますが、今後の自分の人生にとって、ここでどう行動を取るのが一番最適なのかを考えなければいけません。

お葬式に参列するのであれば、①面接を辞退する、②面接の日程を変更してもらう、この2つの方法しか残されていません。

せっかく自分の希望に合う仕事を見つけることができたのに、みすみす辞退するのは非常に勿体ないので、まずは面接の日程を変更できないのかを企業の担当者に相談してみましょう。

面接日程の調整をしてもらうことを打診することに何のデメリットも無いですからね・・・

企業側は、時間を割いてまであなたに会いたいと思って面接の打診をしている訳ですから、少なくともあなたに興味を持っているので日程の変更に対して前向きに考えてくれるでしょう。

応募者側から見てみれば、面接の日程を変更するのってかなり大ごとなことって思うかもしれませんが、企業側からしてみれば意外とそうでもなかったりするので、あっさり変更してもらえる可能性の方が高いです。

採用担当も鬼ではないんですから、お葬式を辞退してまで面接に来い!!とは流石に言わないとでしょう。

もし変更出来ないと言われたら、恐らくですが、その企業はあなたにそれほど関心が無いので、普通に面接を受けても落とされる可能性の方が高いです。

そもそも、面接を辞退してまで面接に来いって言っている企業に就職したいですか?私なら無理です。

ですので、断られた場合はさっさと他の仕事を探した方が良いです。

考え方を変えてみよう

どうしても面接する企業に就職したい場合、面接を辞退するのではなく、お葬式を辞退することも視野に入れてみましょう。

何を不謹慎な!!」って思われるかもしれませんが、お通夜や葬式に出席しなくても、後日、仏壇に線香をあげたり手を合わせたりすれば故人を偲ぶことはできます。

私なら親や兄弟でない限り面接を優先します。

ドタキャンはダメーよ!

どうせ辞退するんだから連絡しなくてもいいや」って思う人(特に若者)もいるでしょうが、企業側は何といってもドタキャンされることが一番困りますので、ドタキャンは絶対にやめましょう。

そんなことをしていたらいつか天罰が下りますよ!!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
転職活動を効率よく行う方法

転職実績No.1の「リクルートエージェント」はキャリアコンサルタントの評判が高くて有名です!

求人数は非公開求人を中心に10万件以上!

無数の求人の中から自分に合った求人を選定してもらうことが可能なので、在職中でなかなか仕事を探す時間をとれない方にもお勧めです!

スピード会員登録
転職者の8割が利用!

日本最大級の登録者数を誇る「リクナビNEXT」に登録すればスムーズに求職活動が行えます!

またグッドポイント診断では、簡単な質問に答えるだけで自分の強みを客観的に把握することができるので、履歴書や職務経歴書を書く際にも役立ちます!

まずは簡単登録
自分の適正年収を調べる

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

予想内定者数などを分析して総合順位もその場ですぐに判定!自分の市場価値を客観的に判断できるので、転職活動だけではなく在職中の方にもお勧めです。

今すぐ診断する
公開日: 2016年2月23日
更新日: 2016年5月12日