ハローワークカードを紛失したら再発行できる?

ハローワークカード

ハローワークカードは、ハローワークで職業相談や求人に応募したり、職業訓練を受講する際に必須となるカードですが、小さいし、見た目はペラペラの紙のカードでショボイので、紛失したりゴミと違えて捨ててしまう人がいます。

では、ハローワークカードを紛失してしまった場合に再発行することは可能なのか?

結論から言うと、再発行可能です。

実は、私も求職活動中にハローワークカードを紛失してしまったことがあります。

ずっと財布の中に入れていたので、何故無くなったのか疑問に思っているんですが、恐らく財布の中に入っているレシートや要らないポイントカードと一緒に捨てちゃったんでしょうね・・・

話を戻します。

その時の体験談をもとに再発行の手順を解説していきます。

再発行の手順

ハローワークの窓口で紛失したことを告げる。

終わり。

はい、それだけです。

再発行をする際に雇用保険被保険者番号が必要との書き込みもありますが、名前と生年月日を伝えればハローワーク側で確認できるので必要ありません。

勿論、再発行の手数料を取ったりなど、いけずなことはしませんので安心して下さい。

有効期限が過ぎた場合は?

ハローワークカードには有効期限が存在します。

原則としてカードを発行した翌々月の末日までが有効期限になりますが、その間で職業相談などハローワークカードを使った求職活動を行えば、翌月まで期限を延長することができます。

もし、ハローワークで求職活動を行わなずにカードの延長期限が切れた場合でも、ハローワークの窓口でその旨を伝えれば、簡単に再発行可能なのでそれほど気にする必要はありません。

でも、こんなに簡単に再発行できるなら、有効期限を設ける意味が無い様な気がしますが・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク
自分の適正年収を調べる

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

予想内定者数などを分析して総合順位もその場ですぐに判定!自分の市場価値を客観的に判断できるので、転職活動だけではなく在職中の方にもお勧めです。

今すぐ診断する
転職活動を効率よく行う方法

転職実績No.1の「リクルートエージェント」はキャリアコンサルタントの評判が高くて有名です!

求人数は非公開求人を中心に10万件以上!

無数の求人の中から自分に合った求人を選定してもらうことが可能なので、在職中でなかなか仕事を探す時間をとれない方にもお勧めです!

リクルートエージェンの公式サイト
転職者の8割が利用!

日本最大級の登録者数を誇る「リクナビNEXT」に登録すればスムーズに求職活動が行えます!

またグッドポイント診断では、簡単な質問に答えるだけで自分の強みを客観的に把握することができるので、履歴書や職務経歴書を書く際にも役立ちます!

リクナビネクストの公式サイト
公開日: 2015年5月26日
更新日: 2015年6月20日