今流行りのドローンを仕事にしたい!どうやって求人を探すのか

一時期は良くも悪くも注目されてきたドローンですが、ここ最近ではドローン操縦士として専門の仕事としても注目を集めています。

それどころかテレビで何億円も稼いでいる人が紹介されることもあり、ドローンって儲かるんだなと思い、転職をしようとしている人も増えています。

しかし、そもそもドローンを使った仕事ってどのようなものがあるのでしょうか。儲かるのでしょうか。これから本当に活性化してく業界なのでしょうか。

スポンサーリンク

ドローンを使った仕事について

まず、ドローンを使った仕事を列挙していきましょう。

空撮。インフラ事業。農業。測量。人命救助やセキュリティ。主立って挙げられるのはこれくらいでしょう。

空撮は良くご存知だと思います。ドローンの花形であり、最も稼ぎがいいのがこの空撮です。ドローンを使った撮影は、CMやドラマだけではなく、最近はバラエティ番組でも良く取り上げられるので、随分と身近になりましたね。

次のインフラ事業ですが、少しわかりにくいと思います。内容はとても単純で、高速道路や橋げたなど、これまでは人が直に登るなどして行っていた点検を、ドローンで代用させるというものです。

これならば事故が起きるのを防ぎ、人命を守ることができますね。

農業でのドローン利用は2017年の春からスタートしたごく最近のものですね。農業散布をヘリコプターからドローンに移行して行わせるものです。小規模の場所でも使えるのは非常にいいですね。

測量でもドローンは使われています。しかし、ほかの方法と比べると、測量は平地で行うことが多く、簡単な部類に入ります。ドローンの活躍の場は警備や人命救助にも使われていますね。このケースですと、ドローンを操縦しているのはドローン操縦士ではなく、消防士などになります。

ドローンの活躍の場は以上のようになっていますが、その中でも測量やインフラ事業などでは、ドローンの専門知識よりも、測量や点検に関わる専門知識が問われることが多く、ドローン操縦士の派遣会社を初めとした外部の業者を使うよりも、内部の社員などにドローンの操縦を学ばせて、自前で需要を満たしてしまうというケースが多いようです。

免許や資格はいるのか

仕事をする際にドローンに関する免許や資格が必要かどうか迷われる方も多いかと思いますが、まず免許はありません。車やバイクとは違って、免許が無いので操縦することができれば誰でも操縦することができます。もちろん、法律や倫理に従った上で操縦をしなければなりません。

しかし、ドローンは誰でも使えますが、ドローン操縦士として誰でも仕事ができるという訳ではありません。操縦できたとしても、本当に操縦ができるのか、法律やルールを守ってきちんと操縦することができるのか、これらを証明するものが必要になりますね。

その証明となるのが資格です。しかし、ドローンの資格は存在こそしますが、あくまでも民間資格であり、資格の種類も様々です。基本的には無人航空機に関する飛行履歴、知識、ぬりょくを有していると証明するものに過ぎません。

さて、その資格ですが三つの団体が出しています。

一つは、一般社団法人日本UAS産業振興協議会、略称でJUIDAが出している資格です。二種類の資格があり、JUIDA無人航空機操縦士とJUIDA安全運航管理者と呼ばれるものになっています。

二つ目の団体は、一般社団法人ドローン操縦士協会、通称DPAです。こちらではDPA技能認定資格という大きなくくりのなかで、ドローン操縦士資格とインストラクター資格という二種類の資格が用意されています。

そして、最後の団体が、DJI CAMP、という大手のドローンメーカーから出されている、DJIスペシャリストという資格です。

資格ごとにそれぞれの種類があり、資格ごとに操縦なのかインストラクターとしての資格なのか、管理者としての資格なのか、という違いがあります。資格を取る際には基本的には認定資格学校で講座を受けてから、試験に合格をすることで得られるものです。

少々面倒ではありますが、初心者からでも操縦や必要な知識を覚えることもできますし、資格があれば仕事に結び付きやすくなりますので、資格は取得しておいた方がいいと言えるでしょう。

今後の受容と将来性

ドローン業界は日本だけではなく、世界的に注目されています。そのため、今後の成長産業としては真っ先に舐めが挙げられるほどであり、世界市場規模も2020年には2兆円を超えて、民間用のドローンだけであっても、9000億円の売上に到達するのではないかと言われています。

それほどに将来性があると言えます。また、需要自体もあると言われており、今現在でも14万人もドローン操縦士が不足していると言われています。しかし、だからと言って純粋に14万人のドローン操縦士に仕事がいきわたるというわけではありません。

上述の通り、インフラ事業や測量事業などは専門知識が必要になることもあり、さらには自前の従業員に新たにドローンを操縦させるようにした方が割安という側面もあるので、専門のドローン操縦士には仕事が行き辛いです。

さらに言えば、インフラ事業や測量が最もドローンの需要が高く、それなのに専門の操縦士には仕事が行かないという状況に陥っています。

また、需要が最も少ないのが空撮です。空撮は現時点で十分に人手が足りているとも言われていますが、ドローン操縦士の仕事で最もお金が手に入り、それゆえに無駄に競争率が上がってしまっています。

将来性はあるにはありますが、現時点で需要と供給のバランスが崩れ始めていることが一つの不安材料だと言えますね。

ドローンの仕事をどうやって探すのか

ドローンの仕事は今でこそ認知度が上がってきていますが、まだ発展途中の仕事になるのでリクナビネクストなどの大手求人サイトで掲載していることはほぼありません。もちろんコンビニなどに置いているフリーペーパーで掲載されていることもありませんので、どうやって仕事を探せば迷われる方も多いでしょう。

そこで紹介したいのが、ドローン求人を専門としている転職サイト「スカイエージェント」です。

もともとはマーケットプレイスサイトとしてドローンを取り扱っていましたが、今ではその時に培ったネットワークを使って、日本最大級のドローン専門の転職サイトとして扱われています。
実際に、もしもドローン操縦士として転職をするのであれば、このサイトを使うのが一番とも言われています。

求人案件自体も豊富で、ドローンスクールとの提携によって教育やアドバイスもできるようになっており、初めてドローンを扱う業界に飛び込みたいという方にもおすすめです。
また、ドローンスクールのインストラクターとしての求人などもあるので、意外なところで手に職を付けられる可能性もあります。

スカイエージェントでドローン求人を見る

ドローン仕事の給料事情

一番大事な給料事情ですが、はっきりと行ってしまえば、ピンからキリまででかなりの差があるのが現状です。

平均年収は435万円と少々心もとないのですが、さらにもっと低いケースもあり、200万円台や300万円台の年収になることも多いようです。

一部、600万円以上の稼ぎを得ているひともいるようですが、やはりそのような方は空撮を専門に取り扱っており、しかもある程度のベテランに限られるようで、新参者にはなかなか厳しい給料事情をしている業界だと言えるでしょう。

まとめ

ドローン業界は世界的に見ても間違いなくこれから発展していく事業です。
しかし、現時点ではまだまだ成長過程であり、これから新たに参入したとしてもかなり厳しい現実に目を向けなければならない可能性も高いです。

それゆえか、現状では専門職としてドローン操縦士をしている人よりは、兼業ドローン操縦士をしている人が多いです。

転職の専門サイトやクライドソーシングでの仕事の発注などもありますが、まだまだ専門家としてやっていくには難しい部分はあります。しかし、それでも将来性を買って早めに手を付けておくのは決して悪くはないでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フリーター専門の転職サイト

フリーター経験しかないけど待遇の良い会社に正社員として働きたい!そんな方にお勧めなのが、リクルートグループが運営する「就職Shop」です。

転職成功者の4人に3人は正社員未経験者!利用者数は10万人以上!書類選考がないので学歴や職歴で落とされることはありません。

効率よく転職活動を進める

転職活動をどう進めたら良いのか分からない!待遇の良い会社に採用されない!履歴書の書き方が分からない!

そんな方はコンサルタントの評判が上々の転職支援実績No.1の「DODA」を利用してみて下さい。

求人件数は5万件以上!DODAで扱っている求人の8割がサイトに公開されていない非公開求人になりますので、まずは登録してみて下さい。

自分の適正年収を調べる

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

予想内定者数などを分析して総合順位もその場ですぐに判定!自分の市場価値を客観的に判断できるので、転職活動だけではなく在職中の方にもお勧めです。

市場価値が高くなり始める25歳~35歳の若年者は是非お試しを!!

関連記事

公開日: 2018年2月22日