公的の職業相談機関一覧

求職者と雇用主のマッチングを行う公的機関は全国各所に存在します。

一般的に皆さんが利用する公的機関は『ハローワーク』をイメージされると思いますが、ハローワーク以外にも様々な公的機関が存在します。

スポンサーリンク

公的の職業相談機関一覧

人材銀行

人材銀行とは主に中高年(原則40歳)の世代における管理職、専門職、技術職に絞って、求職の斡旋や相談業務を担っている機関になります。

転職を考えている中高年にとって頼りになる存在ということが言えます。求職者は人材銀行で登録を済ませると、希望の求人を選び、その求職者のデータを公開することになります。

その後、求職者の情報を見た企業により、興味のある人材か?どうかのマッチングをするという仕組みがとられているのが特徴です。

マザーズハローワーク

マザーズハローワークは子育て中の人に対して行っている就職支援が中心の機関です。

子育てをしていても働きたいという思いを持っている人にとって働きやすい環境を作るということもあれば、そういった人が働ける求人を斡旋するなどの業務を行っています。

共働き世帯が増えてきた時代背景を反映した機関ということが言えるでしょう。

新卒応援ハローワーク

大学院・大学・短大・高専・専修学校などの学生や、卒業後未就職の方の就職を支援する専門の機関であり、求人の紹介やセミナーの実施に加え、エントリーシートや履歴書の書き方、面接の指導などを行っています。

求職者の就職に関するスキルアップなどを行う目的もありますが、就職に関すること全般に相談も行っています。内定が取れないことの悩みを聞いてもらったり、自分に足りない技能の就職などに励むこともしやすいと言えます。

外国人雇用サービスセンター

外国人雇用サービスセンターでは、外国の方や、外国人留学生で卒業後に日本企業へ就職を希望されている方を対象に、職業相談、職業紹介などの支援を行っている機関になります。

近年は企業も日本人のみならず、外国人を積極的に雇用するケースが増え、そういった需要を受けて日本で就職を目指す外国人や留学生が多くなってきているのです。そういった人たちがその夢を叶えるために重要な役割を担っていることになります。

ふるさとハローワーク

公共職業安定所(ハローワーク)が設置されていない市町村において、職業相談・職業紹介などの支援を行っている機関になります。

ふるさとハローワークというのはいわゆるハローワーク等と役割はかなり似通っており、求職相談や求人紹介などを主な任務にしている機関になります。

キャリアアップハローワーク

キャリアアップハローワークとは非正規労働者就労支援センターのことを指しており、正社員として働いた経験が少ないけれど、正社員での就職を目指している方を対象に、職業相談・職業紹介などの支援を行っている機関になります。

スキルアップや求職活動におけるノウハウを教えていくことを主な業務としています。非正規雇用者の近年の増大に関して、重要な役割を期待されているのです。

ジョブカフェ

ジョブカフェは主に学生・生徒、フリーターの方など、若年の求職者に対して、職業相談・職業紹介などの支援を行っている経済産業省の機関になります。

職業体験、職業紹介、カウンセリング、セミナー、相談業務などを行っています。ハローワークを併設していることが多く、職を探すうえで悩みを抱えている若年者、将来についてどうしたら良いのか?迷っている若年者を助けるためのサポート機関という位置づけになるのではないか?と思います。

全ての機関は無料で利用できるので、お気軽にご利用下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
転職者の8割が利用

リクナビNEXT」は転職者の8割が利用する日本最大級の転職サイトです

リクナビNEXTだけの限定求人が約85%!圧倒的な求人数で、都市部の求人はもちろんですが、地方の求人も網羅しています。

効率よく転職活動を進める

転職活動をどう進めたら良いのか分からない!待遇の良い会社に採用されない!履歴書の書き方が分からない!

そんな方はコンサルタントの評判が上々の転職支援実績No.1の「DODA」を利用してみて下さい。

求人件数は5万件以上!DODAで扱っている求人の8割がサイトに公開されていない非公開求人になりますので、まずは登録してみて下さい。

フリーター専門の転職サイト

フリーター経験しかないけど待遇の良い会社に正社員として働きたい!そんな方にお勧めなのが、リクルートグループが運営する「就職Shop」です。

転職成功者の4人に3人は正社員未経験者!利用者数は10万人以上!書類選考がないので学歴や職歴で落とされることはありません。

関連記事

公開日: 2018年7月5日
更新日: 2018年7月7日