失業中のかしこい過し方

失業して次の転職先が決まっていない状況であれば、明日からどうやって生活すればいいのか分からない人も多いでしょう。

「早く仕事を見つけなければ・・・」「貯金が無くなっていく恐怖」「もしこのままずっと就職できなければ・・・」なんて、ついつい思い悩んでしまいがちです。

次の就職先が見つかるまで、大変不安な思いを抱えていると思われますが、その不安な思いを抱えて、悲壮な顔をして、ひたすら就職先だけを探す毎日をのではなく、あなたにあった次の職場が見つかるまで、どう過ごせばいいのか一緒に考えてみませんか?

スポンサーリンク

失業中はとにかく前向きに!!

転職活動や勉強を積極的に行わなければ、現状を打破することはできないでしょう。しかし、あまり思い詰めても精神的によくありません。

そこで、少し考え方を変えてみましょう。

これから無職になるということは、自由な時間が訪れるということです。次の会社に就職してそのまま定年まで働くと考えたら、もうこんな自由な時間を過すことは当分ないでしょう。

だったらもうちょっとリラックスして失業生活を楽しんでもいいでしょう。(そんなこと言ってる場合じゃない方もいらっしゃるでしょうが・・・)

それでは、失業中のかしこい過ごし方について考えていきましょう。

失業中のかしこい過ごし方

やりたいことをやってみる

失業すると、それまで毎日月曜から金曜まで朝起きて、会社に行き、帰宅をする、という決められた行動パターンにしばられなくてもいいわけです。

最初のうちは、不安のなかでも、そういった生活に少し心が穏やかになる部分もあるでしょうが、しばらくすると「自分には何もすることがないんだ」ということに気づきます。

そういったときには、それまで会社に縛られていてできなかったことは何か、ということを考えてみます。これがしたいのに、時間がなくてできなかった、ということをやってみる時間にする、というのはいかがでしょうか。

もちろん、職業安定所に通う日は指定されていますので、たとえば、数か月にわたって旅行をする、ということは少々難しいことではありますけど、プチ旅行に行き、自分を見直す、ということだってできます。

「じっくり本を読んでいたい!」そう思った人は、読書をする時間に役立てる、ということもできるでしょう。

私は失業した時はゴルフばっかりしていました(笑)周りから見ると、何さぼってるんだ!って思われるかもしれませんが、気分転換は本当に大事です。

もしかすると、それは次の就職先を決めるうえでのヒントになることだってありえますしね。

家族との時間を大切にす

これまで会社人間をしてきた人、家族との時間は十分にとれていたという自負はありますか?

気づいてみると、家族のこと、何も知らない、っていう状態になっていませんか?このようなときにこそ、家族との時間を大事にし、家族のことを知る機会にするとよいでしょう。

自分が一番最初に会社に出かけ、一番最後に帰宅していると、たとえば、配偶者が何曜日には何をして、といったことをすら知らなかった、ということもあるでしょうし、子どもたちが何時に帰宅しているのか、さえもしらなかった、ということもあるでしょう。

そうやって家族のことを知り、家族を大事する時間にしてみる、というのもよいのではないでしょうか。

さらには、親孝行の時間にする、というのも重要な時間の使い方です。親はいつまでも元気でいる、というわけではありません。

残されている時間は一般的に、自分よりは短いわけですから、普段できなかった親孝行をするために、しばらく実家に帰って親孝行をしてくるというのも、おすすめです。

ちょっとしたこと、たとえば、高いところにあるものをとる、といった作業など、こんなこともできにくくなっているんだ、ということ、発見するかもしれません。

自己成長をはかる

次の就職のことを考えると、自分自身が成長をしておくことも必要でしょう。

すでに述べましたが、そのために本をじっくりと読む機会にする、というのも、自己成長につながることの一つですが、そういったことだけではなく、旅行に行く、音楽を聴く、こういったことも感性を磨く自己成長につながることのひとつです。

また、世の中、多くのところで無料の講演会なども開催されています。人の話を聞く機会、社会人になって以降、随分減っているはずですが、そういった機会を持つことも自己成長につながります。

さらには「就職に有利な資格をとる」というのもその一つです。あまり堅苦しく考えなくてもよいですので、資格はあって邪魔になるものではありません。次の就職に向けて一般的には有利になると考えてよいでしょうから。

就業中だとなかなかできないことをする!

一般的に会社は平日に行かれると思います。ということは、平日の昼間はよっぽどのことがない限り、会社にいなければなりません。

ですので、銀行や役所など、平日でしか業務をしていないところに用事がある場合、失業中に全て終わらせておきましょう。

病気を完治させる

もし現在、通院中の人がいらっしゃれば次の転職先が決まる前にできるだけ完治させておきましょう。

虫歯や眼科などは長期的な治療がいる場合が多いので、失業中に一気に治しましょう。

職業訓練所を利用する

職業訓練所とは、ハローワークが行っている授業料無料で通える訓練校のことをいいます。資格の取得や技術力の向上を目指すことができます。ただ、テキスト料などの費用は発生します

失業中の注意点

働きすぎに注意

失業保険を貰いながら転職活動をされる人も多いと思いますが、失業保険だけでは生活が苦しい場合もあるでしょう。

そんなときに、とりあえずアルバイトをして生計を立てようとする人も多いでしょう。しかし、張り切って働きすぎると、失業保険の貰える額が減ってしまう(延期される)可能性があります。

できるだけ出費を抑えて!

これは言うまでもありませんが・・・

失業中は基本的に失業保険しか頼る所がありません。一人暮らしや世帯持ちの方は特に生活が厳しくなるでしょう。ですので、出来るだけ出費は抑えて、グッと耐えるコトも必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
転職者の8割が利用

リクナビNEXT」は転職者の8割が利用する日本最大級の転職サイトです

リクナビNEXTだけの限定求人が約85%!圧倒的な求人数で、都市部の求人はもちろんですが、地方の求人も網羅しています。

効率よく転職活動を進める

転職活動をどう進めたら良いのか分からない!待遇の良い会社に採用されない!履歴書の書き方が分からない!

そんな方はコンサルタントの評判が上々の転職支援実績No.1の「DODA」を利用してみて下さい。

求人件数は5万件以上!DODAで扱っている求人の8割がサイトに公開されていない非公開求人になりますので、まずは登録してみて下さい。

フリーター専門の転職サイト

フリーター経験しかないけど待遇の良い会社に正社員として働きたい!そんな方にお勧めなのが、リクルートグループが運営する「就職Shop」です。

転職成功者の4人に3人は正社員未経験者!利用者数は10万人以上!書類選考がないので学歴や職歴で落とされることはありません。

関連記事

公開日: 2018年7月5日