アフィリエイトをしていたら失業保険は貰えないの?

私は、現在失業中で離職票を会社から受け取り次第、ハローワークで給付の手続きをしようと思っています。アルバイトをしていると失業保険の給付額が減ったり、給付が先延ばしになった、と言うことは耳にしました。しかし、アフィリエイトでの収入はどうなるのでしょうか?

基本的に満額支給されます。

スポンサーリンク

一定の収入があると失業保険の給付額が少なくなる

失業保険の給付を受けるには、様々な条件があります。

その中で、質問者様の言うとおり、アルバイトでの収入や時間で、ある一定の条件を満たしてしまうと、失業保険の給付額が減額になったり延期になったりします。

これは、内職の場合でも同じことが言えます。

アフィリエイトで収入が少額であれば対象外になる可能性が高い

では本題です。アフィリエイトの場合はどうなるでしょう?

アフィリエイトとは、自分のブログやサイトに広告を貼り、そこから商品などを購入したり、広告をクリックしてもらうことにより収入を得るというシステムです。

アフィリエイトは、どこかの企業に勤めたり雇用契約を結ぶことはありませんので、一般的に内職扱いになります。1日の労働時間が4時間未満で収入がわずかだった場合は、その日の失業保険は満額支給されます。

しかし、アフィリエイトの場合は、その作業に何時間かけたのかハローワーク側で把握することは難しいので、仮にアフィリエイトに10時間費やしたとしても4時間と申告すれば問題なく給付を受けることができます。

収入に関しても、企業から給料が支払われないので、いくら収入があってもハローワーク側で判断が難しいです。

これはアフィリエイトをしている私の友人が、失業中にハローワークの担当者に相談しに行ったときに言われた話ですが、「アフィリエイトは趣味レベル(月額5千円程度の収入)であれば申告の必要はない」これが、ハローワーク側の回答だったそうです。

「趣味レベル」っていうのが、かなり曖昧でしたが、こちらのハローワークでは、月額5千円以内であれば趣味とみなされるようです。では、1万円の場合はどうなのか?それは分かりません。

5000円でも申告しなければいけないというハローワークもあるかもしれません。その判断は全て各ハローワークに任せられています。それほど、アフィリエイト収入というのはグレーゾーンと言えるでしょう。

結論

結論を言うと、自分の管轄しているハローワークに相談してからどう申告するのかを決めましょう。

間違っても「みんな申告していないから大丈夫!!」と自己判断はしないでください。申告しないでもし見つかった場合、不正受給とみなされるかもしれません。不正受給はバレと最悪なシナリオが待っていますよ。

失業手当の不正受給は後でバレるって本当?

ただ、ほとんどの方は、アフィリエイトの収入なんて一日あたり微々たる金額だと思いますので、普通に申告しても、問題なく満額受給できると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
転職者の8割が利用

リクナビNEXT」は転職者の8割が利用する日本最大級の転職サイトです

リクナビNEXTだけの限定求人が約85%!圧倒的な求人数で、都市部の求人はもちろんですが、地方の求人も網羅しています。

効率よく転職活動を進める

転職活動をどう進めたら良いのか分からない!待遇の良い会社に採用されない!履歴書の書き方が分からない!

そんな方はコンサルタントの評判が上々の転職支援実績No.1の「DODA」を利用してみて下さい。

求人件数は5万件以上!DODAで扱っている求人の8割がサイトに公開されていない非公開求人になりますので、まずは登録してみて下さい。

フリーター専門の転職サイト

フリーター経験しかないけど待遇の良い会社に正社員として働きたい!そんな方にお勧めなのが、リクルートグループが運営する「就職Shop」です。

転職成功者の4人に3人は正社員未経験者!利用者数は10万人以上!書類選考がないので学歴や職歴で落とされることはありません。

関連記事

公開日: 2018年7月5日