遠方へ面接に行く際は広域求職活動費を貰おう

広域求職活動費

失業中は出来るだけ出費を抑えたいですよね。

と言っても、求職活動には何かと費用が必要になります。特に遠方の企業へ面接や企業説明会に参加するとなると、結構な交通費がかかりますし、場合によっては泊まり込みで行かなければいけないことだって有り得ます。

そんな方の為に、雇用保険の就職促進給付の中に「広域求職活動費」と呼ばれる支援金が存在します

スポンサーリンク

広域求職活動費とは?

広域求職活動費とは、雇用保険の受給資格者を対象に、応募企業先へ面接や企業説明会に参加した際に、必要な費用を支援してもらえる制度です。

広域求職活動費の中には、交通費(ガソリン代、電車代、フェリー代)と宿泊費があり、訪問数や訪問場所により、ハローワークの判断でどれが選択されるのか決定されます。

受給条件

広域求職活動費は、雇用保険の受給資格者を対象に支給されると言いましたが、その他にもいくつかの条件を満たさなければいけません。

  1. 待期期間・給付制限が終っていること
  2. ハローワークによる紹介求人であること
  3. 応募先企業が遠方であること
  4. 応募先企業からの援助が広域求職活動費の額に満たないこと

1.待期期間・給付制限が終っていること

失業手当の給付手続きをした際に設けられる7日間の待期期間及び、自己都合による退職の場合に設けられる3カ月間の給付制限が終った後の応募でなければいけません。

2.ハローワークによる紹介求人であること

ハローワークからの紹介求人でなければいけないので、ネットや新聞広告などで自分で求人に応募した場合は対象外になります。

3.応募先企業が遠方であること

少なくとも応募先企業が現在通っているハローワークの管轄外では無くてはいけません。

交通費に関しては各ハローワークにより判断が異なりますが、一般的に言われているのが、管轄のハローワークから応募先企業までの距離が300km以上離れている場合に支給されることが多いようです。

宿泊費に関しては、交通費計算の基礎となる距離が400キロメートル未満の場合とハローワークインターネットサービス上に明記されています

4.応募先企業からの援助が広域求職活動費の額に満たないこと

応募先企業から交通費が支給される場合は、その額が広域求職活動費の額に満たないことが条件になります。

いくら支給されるの?

ハローワークに認められた交通手段(最も効率的な移動手段)であれば、基本的に全額支給されます。

宿泊費に関しては、1泊につき8,700円、もしくは7,800円支給されます。(地域により異なる)

尚、応募先企業から交通費などの援助を受けた場合は、その差分だけ広域求職活動費として支給してもらうことができます。

受給手続きの際にいるもの

  1. 広域求職活動費支給申請書(ハローワーク内にあります)
  2. 雇用保険受給資格者証(雇用保険受給説明会に参加したときに受け取ります)

提出期限

広域求職活動の指示を受けた日の翌日から10日以内に管轄のハローワークに提出しなければいけません。

行かなかった場合は?

広域求職活動費を支給してもらったにも関わらず、応募先企業に行かなかった場合は、その日から10日以内に全額を返還しなければいけません。

また、実際にかかった費用が広域求職活動費を下回った場合も、その差分を返還します。

広域求職活動費の説明

スポンサーリンク
スポンサーリンク
転職者の8割が利用

リクナビNEXT」は転職者の8割が利用する日本最大級の転職サイトです

リクナビNEXTだけの限定求人が約85%!圧倒的な求人数で、都市部の求人はもちろんですが、地方の求人も網羅しています。

効率よく転職活動を進める

転職活動をどう進めたら良いのか分からない!待遇の良い会社に採用されない!履歴書の書き方が分からない!

そんな方はコンサルタントの評判が上々の転職支援実績No.1の「DODA」を利用してみて下さい。

求人件数は5万件以上!DODAで扱っている求人の8割がサイトに公開されていない非公開求人になりますので、まずは登録してみて下さい。

フリーター専門の転職サイト

フリーター経験しかないけど待遇の良い会社に正社員として働きたい!そんな方にお勧めなのが、リクルートグループが運営する「就職Shop」です。

転職成功者の4人に3人は正社員未経験者!利用者数は10万人以上!書類選考がないので学歴や職歴で落とされることはありません。

関連記事

公開日: 2015年3月12日
更新日: 2015年6月19日