公共職業訓練は退職前に申込みを済ませておこう

公共職業訓練は退職前に申込みを済ませておこう

無料で受講できる公共職業訓練ですが、その恩恵をフルで味わいたいのであれば出来るだけ早く受講することをオススメします。

その理由は、基本手当の延長給付には所定給付日数をある程度残しておかなければいけないからである。

詳しくは「公共職業訓練で失業手当の延長給付ができる条件」を見てもらうとして、基本的には所定給付日数の1/3以上を残した状態で公共職業訓練を開始しなければいけません。

スポンサーリンク

すぐに受講できる訳では無い

所定給付日数の1/3以上残っているから慌てなくて大丈夫!と思っているあなた・・・その考えは危険です。

いざ訓練学校を見つけて受講したコースを選択してもすぐに受講できるとは限りません。と言うか無理です。

公共職業訓練を受講するには、居住地を管轄するハローワークに行って申込みをして、その後に入学試験(面接や筆記試験)を受けなければいけません。

申込みをしてから受講開始までに訓練コースやタイミングにもよりますが、およそ2~3ヶ月はかかるので、特に所定給付日数が少ない人は出来るだけ早めに行動しなければ、入学が決まったころには延長給付の条件を満たせなくなる可能性があります。

給付制限の問題もある

公共職業訓練を受講すれば基本手当の給付制限が解除されるので、そういった意味でも出来るだけ早く公共職業訓練を受講した方が給付制限の問題も無くなり無収入の期間を少なくすることが可能です。

在職中に行動すべし

申込みから受講するまで2~3ヶ月かかるとなると、退職してから申込みをしていては給付制限を解除できる期間が短くなってしまいます。

そう考えると失業してから申込みをしていては遅いです。

これはあまり知られてないことですが、会社を退職することが確定していて尚且つハローワークで求職登録をしていれば在職中でも申し込みは可能です。(求職申込みは在職中でもできる)

※失業しなければ申込みできない訓練コースも一部あるので詳しくはハローワークで確認して下さ

但し、注意しなければいけないのが、訓練が開始されるまでの間に「失業手当の給付手続き」をしておかなければいけないという点です。

給付手続きには離職票が必要になるので、当然ながら会社を退職した後でなければ手続きをすることはできません。

また、離職票を受取るには会社を退職してから最低でも1週間、長くて1ヶ月程度かかることもあるので、あまり早く申し込みをするのも良くありません。

ですので、目安としては会社を退職してから1~3週間後(離職票が届くまでの期間)に訓練校に入学できるように逆算して考えるとスムーズにいくでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
転職者の8割が利用

リクナビNEXT」は転職者の8割が利用する日本最大級の転職サイトです

リクナビNEXTだけの限定求人が約85%!圧倒的な求人数で、都市部の求人はもちろんですが、地方の求人も網羅しています。

効率よく転職活動を進める

転職活動をどう進めたら良いのか分からない!待遇の良い会社に採用されない!履歴書の書き方が分からない!

そんな方はコンサルタントの評判が上々の転職支援実績No.1の「DODA」を利用してみて下さい。

求人件数は5万件以上!DODAで扱っている求人の8割がサイトに公開されていない非公開求人になりますので、まずは登録してみて下さい。

フリーター専門の転職サイト

フリーター経験しかないけど待遇の良い会社に正社員として働きたい!そんな方にお勧めなのが、リクルートグループが運営する「就職Shop」です。

転職成功者の4人に3人は正社員未経験者!利用者数は10万人以上!書類選考がないので学歴や職歴で落とされることはありません。

関連記事

公開日: 2015年5月3日
更新日: 2015年6月19日