一般事務と医療事務の違い!目指すならどちらが将来性があるのか

一般事務と医療事務は一般企業と病院で働くオフィスと病院という場所が違うだけと考える人は多いと思いますが、事務の仕事でも一般事務と医療事務は仕事内容など大きく異なります。

女性の仕事として支持されている事務の仕事ですが、事務の仕事を考えている人は医療事務と一般事務の違いを理解しておく必要があります。

一般事務と医療事務の違い

職場の違い

一般事務と医療事務は、当然職場が異なります。一般事務の場合は多くの職種の事務として仕事する事になりますが、医療事務の場合は職場は病院になります。

必要とされるスキルや資格の違い

一般事務の場合には、ワードやエクセルなどの一般的なパソコン業務が出来れば就く事が出来ます。

医療事務として働く場合には、資格は必須ではないですが、レセプト業務に必須になる専門知識は絶対に必要と言えます。購入したテキストで勉強したり通信講座や専門学校など方法は多くあります。

医療事務の資格は民間資格なので、多くの種類が存在します。国家資格とは異なり、難易度や需要を考慮して選べるメリットはありますが、医療事務は50種類以上の資格があると言われています。

医療事務として働きたいと考えている場合には、いくつか資格を持っていると仕事に活かせると言えます。

業務内容の違い

一般事務と医療事務の仕事は電話対応や受付などがイメージし易いですが、一般事務であれば書類、医療事務であればカルテになります。

仕事内容自体は殆ど同じでが、医療事務の場合にはレセプトという特殊な業務があります。レセプトは診察料や薬の値段を点数化して保険機関に提出する書類の作成や明細書を患者に提出する業務で専門的な知識が必要になります。

給料の違い

一般事務と医療事務の給料は気になる人も多いと思いますが、給与は一般事務も医療事務もあまり違いがないと言えます。医療事務の場合は、正社員で高くても20万円ほどで、パートの場合には時給にして1000円前後が相場になっています。

一般事務よりも医療事務の方が専門的な知識を必要になりますが、仕事の割に安い給料という現状があります。

一般事務と医療事務どっちがお勧めかアンケート

アンケート結果
  • 一般事務:8人
  • 医療事務:7人

一般事務派の意見

一般事務の場合、他の色々なシーン通用するスキルを身につけることができるからです。一般的な企業のモノやお金の流れなどを知っておくことは、将来的にまた転職する機会があるときに有利だと思います。また、一般事務で社会保険や税金についての知識を身につけることは、自分にも関係のあることなので、長い目で見ても有利になることがあると思うからです。
医療事務は拘束時間が短いのがメリットでありデメリットでもあると思います。安定も医療事務の方が良いと思います。ですが一般事務はある程度の能力があればスタートできます。ただ与えられた仕事こなすだけではなく、専門性を磨きながらスキルアップを目指し、自分を成長させながら仕事を続けていけるチャンスがある仕事だと思います。
断然、一般事務を目指す方が仕事の幅は広がります。まずはビジネスの基礎を学んでから、どうしても医療事務がやりたいのであれば、それから勉強しても遅くありません。ひと昔前までは、医療事務と言うと「仕事のレベルが高い」「給料が良い」と言われていましたが、今は知識が無くてもレセコンが計算してくれるので、誰でも出来る仕事になってしまいました。もちろん、資格が無くても職に就くことは可能です。
事務職を目指すのであれば一般事務の方が医療事務より良いと思います。私は事務職を目指した男性ですが、一般の企業にはなかなか就職できなく、たまたま事務職の採用数が多かった病院に拾ってもらえました。病院というなかで一般事務と医療事務を見ていますと、一般事務は正社員ですが医療事務はほとんど業務委託で行っています。そのため、医療事務の方の待遇は決して良いとはいえず、事務職全体が病院のコストカットの直撃を受ける中で、医療事務の方の給与・待遇は今後も厳しいものになるでしょう。仕事の場はあっても、給与の面では厳しいのであれば、あまりお勧めできません。一つ病院業界で働いていた者の勝手なお願いですが、それでも医療事務の男性はもう少し増えてほしいかなとは思います。病院では当直者、夜間・時間外の窓口の担当者が必要ですが、夜間を任せられる男性の医療事務担当者は不足しています。ただ、一般的に夜間の仕事は給与が昼間より高いですが、医療事務においては夜間に働いても決して給与はあまり期待できないのが厳しいところなのですが。
医療事務は女性に人気の高い職種でもありますが、意外に覚えることが多く病院で働くことも多いため緊迫した現場と聞きます。資格職ではあるため需要も高く、意識の高い方が働かれているのでそれ相応に見あった働き方も要求されます。しかしながら、職場によっては一般職より時給が低かったりする場合もあるので私は一般職の方がいいと思います。
一般事務は基本要素が分かっていれば対応できるためです。しかし医療関係の場合は様々な人を相手にしていきます。医療事務の場合は複雑な人の対応で困ると思います。一般事務はスムーズに対応できれば仕事も上手く行きます。また面倒な作業も少なくお勧めだと感じます。基本的にはこういう事務の仕事は個人の対応能力が大事です。医療関係は事務職でも高度な対応能力が欲しいので難しいです。
医療事務は医師や看護師さんとも上手にコミュニケーションを取らなければならず、看護師さんは気の強い人も多くキツイ言い方をされる可能性も多いです。業務以外のことで残業になることも多く、小さな病院だと残業代をもらえないところもあります。配属される場所によっては立ちっぱなしになることもあり、他科へ歩き回ったり、機器の移動など重いものを運んだりと、体力も必要です。
一般事務の方が応用が効くからです。一重に一般事務と言っても、貿易事務や営業事務など様座な種類があります。その点医療事務は医療以外に応用が効きません。すると求人も限られてきます。一般事務なら色んな業種から求人が出ているので、興味の幅も広がり経験もしやすいです。一般事務には様々な種類があると言いましたが、基本的な業務は同じなので仕事に就きやすいです。

医療事務派の意見

専門性の高い事務職ですので、転職活動をするときにも経験があると即戦力として重宝されます。医療事務をこなせれば一般事務も難なくこなせますが、一般事務から医療事務となると覚えることがたくさんありますし、転職活動を有利に進めることはできません。目指すことができる環境にあるのであれば、医療事務をおすすめします。
やはり医療事務の方が需要はかなりあると思います。それに、一般事務は多くの人が出来るというイメージがありますが、医療事務は誰もが出来る訳ではありません。目指すなら、まずは医療事務の方が良いのではないかと思います。医療事務の知識があるかないかでは、将来の選択肢が違うと思うんです。一般事務はいつからでも目指せますが、医療事務はそうはいかないので、知識だけでも身に付けておいた方が良いと思います。”
一般事務の仕事はIT化により減少しています。今後はRPAやAIによって単純作業は人間の手を必要としなくなるため、益々需要は減る傾向にあります。その点医療事務はIT化が進んだといえ、高齢化に伴って病院の数は増加の一方です。また、結婚出産後に職場復帰を目指すなら未経験者でも応募が可能な一般事務より経験者を優遇することがほとんどなので医療事務の方が女性にとっては働きやすい職種だと思います。
事務系の事務をご希望する学生の方にはやはり医療事務をオススメ致します。普通の事務でもそれなりにパソコンのスキルなり事務を通して社会的ビジネスマナーなどを習得できますが、医療事務は、特別な医療費用の計算から医療の知識など幅広く介護、医療、その部門で働く事が出来ます。医療系は倒産や人員削減などのリスクが低い為、安心して働く事が出来ます。
医療事務では、一般事務で必要されるスキルに加えて、医療会計等の付随業務を覚えることが可能なので、より広く活躍の場があります。収入面でも一般事務+アルファが見込めるため優位性があると考えられるのです。そのため、同じ事務職を視野に就職活動をするのであれば、医療事務の方がより多くのメリットを得られる可能性があります。
求職中の人に勧めるのなら一般事務ですが学生さんに勧めるのなら断然医療事務をお勧めします。何故なら医療事務の方が専門知識が必要で難易度が高いからです。それ故に手に職をつけることが出来ますし医療事務の経験があれば女性の場合は出産などを機に仕事を辞めても子育てが一段落してからパートや派遣といった形で医療事務の仕事に戻ることが出来るからです。
医療事務は特殊ですので、学生時代に学ぶ機会があるのであれば、学んでいた方が良いと思います。知り合いに医療事務の経験者が数名居るのですが、病院だけでなく、介護施設、保健室のある会社の事務としても働いています。また医療事務の経験を積んだ後に、一般事務に移る事は割と簡単に出来ると思いますが、一般事務から医療事務に移るのは難しいと思います。ですので、選択肢があるのであれば、医療事務を目指して勉強した方が良いと思います。

結局どちらがいいのか

SNSを通じてアンケートを取ってみましたが、ほぼ半々に分かれてしまい余計悩んでしまいますね(笑)

結局はご自身の仕事に対する考え方だと思います。

一般事務を目指した方がいい人
  • 企業で働きたい
  • やりたいことが特にない
  • オフィスソフトをマスターしたい
  • 土日祝は極力休みたい
医療事務を目指した方がいい人
  • 病院で働きたい
  • 専門的な知識をつけたい
  • 失業したくない

一番の違いは働く場所になるので、いわゆるOLになりたいのであれば必然的に一般事務になりますし、病院で働きたいのであれば医療事務になります。

一般事務に比べて医療事務の方が基本的に人手不足なので、資格さえ取得していれば未経験でも就職しやすいです。医療事務の資格の種類は50種類以上あるので、全て取得するのは困難ですが、生活スタイルに合わせて資格を取ると良いです。

また、医療事務の場合は勤務形態に融通が利きやすいというメリットはあるので、主婦にも人気がある特徴があります。

ただ、給料に関しては両者とも大差が無いので、医療事務をしている方からしてみれば覚えることが多い割に給料が低いと思われるかもしれません。

事務としての仕事を考える時には、一般事務か医療事務かの違いを理解して、好みに合わせてどちらかを選択する事が肝要と言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク