退職前は残業をしまくって失業手当の支給額をアップさせよう

1万札

退職前は、転職活動やら何かと手続きが必要だったりで忙しくなりますが、退職すると収入が無くなってしまうので、退職前に出来るだけ残業をしていっぱい残業代を稼ぐことを考えなければいけません。

(残業代が支給される人に限りますが・・・)

スポンサーリンク

残業することで失業手当の支給額をアップすることができる

失業手当って毎月いくら貰えるの?」で詳しく解説していますが、失業時に受け取る失業手当の支給額は、前職の給料(退退職前の6カ月間)を元に決定されます。

例えば・・・

私が以前働いていた会社の条件で計算してみます。

  • 年齢33歳
  • 勤続年数3年(自己都合退職)
  • 基本給25万円
  • 交通費0円
  • 役職手当0円
  • 営業手当0円
  • 残業代:1,770円/h

退職前6ヶ月の残業時間が50時間の場合

賃金日額の計算

(基本給25万円*6ヶ月+1,770円*50時間)/180日

=8,825円

基本手当日額の計算

(-8,825^2+23,400*8,825)/23,500

=5,473円

総支給額

5,473円*90日

=492,570円

退職前6ヶ月の残業時間が200時間の場合

基本手当日額の計算

(基本給25万円*6ヶ月+1,770円*200時間)/180日

=10,300円(賃金日額)

基本手当日額の計算

(-10,300^2+23,400*10,300)/23,500

=5,741

総支給額

5,741円*90日

=516,690円

総括

退職前6カ月間の残業時間が50時間と200時間だった場合、失業手当の総支給額は「24,120円」の差が出ることが分かりました。

給料が多い程、支給率が下がるので、残業代がそのまま失業手当に加算される訳ではありませんが、1日1時間ちょっと残業を増やすことで支給額にこんなにも差が出ることを覚えておいてください。

※算出方法は「失業手当って毎月いくら貰えるの?」を参照して下さい

  • 失業手当は前職の残業代により左右される
  • 退職前の6カ月間は出来るだけ多く残業する
スポンサーリンク
スポンサーリンク
転職者の8割が利用

リクナビNEXT」は転職者の8割が利用する日本最大級の転職サイトです

リクナビNEXTだけの限定求人が約85%!圧倒的な求人数で、都市部の求人はもちろんですが、地方の求人も網羅しています。

効率よく転職活動を進める

転職活動をどう進めたら良いのか分からない!待遇の良い会社に採用されない!履歴書の書き方が分からない!

そんな方はコンサルタントの評判が上々の転職支援実績No.1の「DODA」を利用してみて下さい。

求人件数は5万件以上!DODAで扱っている求人の8割がサイトに公開されていない非公開求人になりますので、まずは登録してみて下さい。

フリーター専門の転職サイト

フリーター経験しかないけど待遇の良い会社に正社員として働きたい!そんな方にお勧めなのが、リクルートグループが運営する「就職Shop」です。

転職成功者の4人に3人は正社員未経験者!利用者数は10万人以上!書類選考がないので学歴や職歴で落とされることはありません。

関連記事

公開日: 2015年2月19日
更新日: 2015年6月19日