会社を辞めるリスクは想像以上に大きいぞ!

会社を辞めるリスク

私も10年近くサラリーマンとして会社に使われてきた身なので、サラリーマンの苦悩は人並みには理解していると思っています。

安月給!」、「休みが少ない!」、「上司がウザい!」、「仕事が大変!」など・・・陰で愚痴ばっか言ってきましたが、サラリーマンを辞めて自分で事業を始めてから、サラリーマンの時に悩んでいたことなどほんのちっぽけなことだと痛感させられました。(私の話はどうでもいいって?)

スキルアップの為、高収入を得る為、上司や同僚と折り合いが合わない為など、会社を辞める理由は人それぞれあると思いますが、会社を退職することは想像以上に大変なことであることを頭に入れておかなければいけません。

ここでは、会社を辞めるリスクについて考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

会社を辞めるリスク

収入が無くなる

会社を辞めるリスクを考えるうえで、最も大きなリスクは何と言っても収入が無くなってしまうことです。

次の転職先がもう決まっていれば、さほど影響も出ないでしょうが、会社を退職してから転職活動をする場合は、次の転職先が決定して、働き始めるまでは無収入で生活しなければいけません。

失業保険が貰えるから大丈夫!」と思われる方もいると思いますが、自己都合の場合だと最低でも、会社を退職してから3ヶ月以上先になります。

自分の市場価値が下がる

これは企業によって考え方が違うので一概に言えませんが、一般的に転職回数が多い程、自分の市場価値が下がりますので、転職回数が増えれば増えるほど転職しにくくなります。

税金や保険の手続きを自分でしなければいけない

会社に勤めていれば、会社が年末調整を行ってくれるので、自分で所得に応じた所得税や住民税を決定する必がありませんが、12月末時点で無職であれば自分で確定申告をしなければいけません。

また、会社を辞めれば社会保険から脱退することになるので、自分で国民健康保険や年金の手続きもすることになります。

知識力の低下

会社を辞めた瞬間から、今までしてきた仕事で得た知識が少しずつ失われていきます。

私は、サラリーマンを辞めて、全く違う職種の仕事(自営業)をしていますが、サラリーマン時代に覚えた知識は全て忘れ去られました・・・(笑)

生活リズムが変わるストレス

サラリーマン時代は、良くも悪くも毎日同じ生活の繰り返しです。

しかし、会社を退職した瞬間に会社に行くストレスを感じない反面、「これからの生活をどうすればいいのか?」、「面接対策どうしよう・・・」、「色々手続きをしなければいけない・・・」など、サラリーマン時代では考えなかったことを考えなければいけません。

勿論、生活リズムも変わりますので、思っている以上にストレスを感じることになります。

その他にも、無職になることにより、ローンやキャッシング審査が通らなくなったり、周りの見る目が変わったりなど、会社を辞めるリスクは様々です。

会社を辞めると収入が無くなる

最後に・・・

当サイトは、失業した人を対象にした情報サイトになるので、会社を辞めることに対して反対するつもりはさらさらありませんが、「朝起きるのが辛い」や「上司がムカつく」など、あまりに安易な考えで退職を考えている人は、今一度、会社を辞めるリスクについて考えてみてくれれば幸いです。

  • 会社を辞めるリスクを考えよう
  • 自己都合退職だとすぐに失業保険は貰えない
  • 会社を辞めれば面倒な手続きがいっぱい待っている
  • 会社を辞めれば知識はドンドン低下する
  • 生活のリズムが狂うストレス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
フリーター専門の転職サイト

フリーター経験しかないけど待遇の良い会社に正社員として働きたい!そんな方にお勧めなのが、リクルートグループが運営する「就職Shop」です。

転職成功者の4人に3人は正社員未経験者!利用者数は10万人以上!書類選考がないので学歴や職歴で落とされることはありません。

効率よく転職活動を進める

転職活動をどう進めたら良いのか分からない!待遇の良い会社に採用されない!履歴書の書き方が分からない!

そんな方はコンサルタントの評判が上々の転職支援実績No.1の「DODA」を利用してみて下さい。

求人件数は5万件以上!DODAで扱っている求人の8割がサイトに公開されていない非公開求人になりますので、まずは登録してみて下さい。

自分の適正年収を調べる

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

予想内定者数などを分析して総合順位もその場ですぐに判定!自分の市場価値を客観的に判断できるので、転職活動だけではなく在職中の方にもお勧めです。

市場価値が高くなり始める25歳~35歳の若年者は是非お試しを!!

関連記事

公開日: 2015年2月5日
更新日: 2015年6月19日