無収入でも国民健康保険料はゼロにならない | 初めての失業生活

無収入でも国民健康保険料はゼロにならない

無収入

失業者の多くが加入する国民健康保険。

私も現在自営業をしているので国民健康保険に加入していますが、毎年サラリーマン時代とは比較にならないぐらいの保険料を支払っています。

・・・

私の話はどうでもいいんですが、国民健康保険って収入が無い方も払わなきゃいけないって皆さんご存知ですか?

国民健康保険の保険料は前年の所得をもとに計算されるので、今現在の収入がゼロでも前年の所得があればその分の保険料がかかります。

そのことはほとんどの方が理解していると思います。

では、前年の所得がゼロの場合に今年度の保険料もゼロになるのか?

スポンサーリンク

国民健康保険料の仕組み

結論から言えば所得がゼロでも保険料はゼロにはなりません。

何故でしょう??

国民健康保険料は「医療分」「支援分」「介護分」の3つの保険料で成り立っています。

そして、それぞれの保険料の賦課方法は各自治体(市区町村)によって異なりますが、前年の所得をもとにした「所得割」、被保険者一人に均等にかかる「均等割」、1世帯にかかる「平等割」が存在します。

所得割は前年の所得がゼロであれば0円です。厳密に言えば基礎控除が33万円なので、所得が33万円以下の場合でも0円です。

厄介なのが均等割と平等割です。

この二つは同じ市区町村であれば、全員に平等にかかってくるので所得がいくらであっても関係ありません。

では具体的に私が以前住んでいた愛知県岡崎市を例にとって考えてみましょう。

所得割
医療分 5.45%
支援分 1.87%
介護分 2.23%
均等割
医療分 23,310円
支援分 7,870円
介護分 10,770円
平等割
医療分 28,230円
支援分 9,530円
介護分 8,990円

※平成27年4月現在 

39歳以下で所得ゼロの場合

年間68,940円(介護分はかからない)

月々だと5,745円になります。

40歳~64歳まで(介護保険第2号被保険者)で所得ゼロの場合

年間88,700円

月々だと7,392円になります。

そんなの払えないよ!

無収入の人にとっては保険料を支払うことが厳しいでしょう。

そんな場合は自治体によっては減免(免除)制度があるので、一度役所の国民健康保険課に相談してみて下さい。

 

 

保険料の詳しい説明については、「国民健康保険の保険料っていくらになるの?」を参照して下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
転職者の8割が利用

リクナビNEXT」は転職者の8割が利用する日本最大級の転職サイトです

リクナビNEXTだけの限定求人が約85%!圧倒的な求人数で、都市部の求人はもちろんですが、地方の求人も網羅しています。

効率よく転職活動を進める

転職活動をどう進めたら良いのか分からない!待遇の良い会社に採用されない!履歴書の書き方が分からない!

そんな方はコンサルタントの評判が上々の転職支援実績No.1の「DODA」を利用してみて下さい。

求人件数は5万件以上!DODAで扱っている求人の8割がサイトに公開されていない非公開求人になりますので、まずは登録してみて下さい。

フリーター専門の転職サイト

フリーター経験しかないけど待遇の良い会社に正社員として働きたい!そんな方にお勧めなのが、リクルートグループが運営する「就職Shop」です。

転職成功者の4人に3人は正社員未経験者!利用者数は10万人以上!書類選考がないので学歴や職歴で落とされることはありません。

関連記事

公開日: 2015年4月12日
更新日: 2015年6月19日