内定通知が届いたら採用決定!?無くした時の再発行や辞退方法も併せて解説 | 初めての失業生活

内定通知が届いたら採用決定!?無くした時の再発行や辞退方法も併せて解説

就職活動をすると、内定を取った場合に誰もが手にするものを内定通知といいます。

この内定通知というのは一体どのようなものなのでしょうか。

スポンサーリンク

内定通知とは何か

内定通知というのは企業があなたを採用するという意思のことになります。(採用通知と呼ぶこともあります)

内定通知を出すという事は企業に採用するという意思があるということであり、社員として採用するための条件が書かれています。もしも新卒の場合は「卒業した場合」と書かれていることが多く、中途採用の場合はいつからの採用なのか、などと書かれていることが多いです。

万が一内定通知が紛失したとしても、内定が取り消されるというわけではありません。しかしこれは企業が内定を出したという証明でもありますから、万が一内定通知をなくしてしまった場合は再発行を依頼しなければなりません。

内定通知が届いたら内定確定なのか

基本的には内定通知が届いたら内定が確定したと思って良いでしょう。

ただ、履歴書や面接の際に虚偽の申告をした場合や、会社の経営が悪化して倒産や危機的経営になったなどの場合であれば、会社側は採用を取り消すことができます。

また、内定通知には書面やメール、電話など様々な形があります。書面の方が証拠が残りますので、電話で内定通知をもらった場合は書面でもらえるようにお願いをした方が良いです。

もちろん電話でも効力はあるのですが、万が一の時のためには書面の方が有効だといえます。

内定と採用は違う

よく、内定の通知がきたら採用が確定したと勘違いされている人もいますがそうではありません。

内定の通知が届いてから、労働条件の確認をして会社側と自分の双方が合意をしてから初めて採用が確定します。具体的には「雇用契約書」にサインをして提出した段階で採用になります。

内定通知書が届いた後の対応

内定通知書が届いたら、やっと内定が出たということで嬉しいですよね。

しかし、喜んでばかりいてはいけません。まず、内定通知をしっかりと読み、内容を確認しておく必要があります。

契約期間や賃金などの条件が書かれているわけですから、見落としがないようにしなければいけません。そうしたら、今度は電話連絡をしましょう。内定通知をもらったら承諾をするか辞退するか決めなければいけません。

内定通知には「◯日までに連絡するように」と期限が書かれていることがありますが、その期限に間に合えばいいやと考えるのではなく、少なくとも内定通知をもらってから1週間以内に返事をしたいものです。

もしも少し待ってもらいたいと思うのであれば、その旨を伝えた上で2週間以内には連絡を入れるようにしましょう。また、内定を承諾する場合は契約書に署名し、速やかに返送する必要があります。

さらに、場合によってはいつから働くのか、入社日を決める必要があります。内定通知の時点ではいつから入社をするのかということが大体決まっているケースが多いですが、通知をもらってから調整する場合もあります。

面接の時にいつから働けるか返答している場合、あまりにも大きなズレがないように調整し、いつから仕事を始めるのか決めましょう。

また、今他の会社で働いていてそちらを退職しなければいけないということであれば、いつ退職をするのか、きちんと考えておく必要があります。

国民健康保険や年金のことを考えると、入社日前日に退職日を設定したいものですね。

内定が出た後に辞退することは可能か

内定通知を受け取ったからといって必ずしもその会社で働かなければいけないというわけではありません。複数の会社から内定通知をもらった場合、どこか辞退しなければいけないということもあります。

辞退しなければいけないときは、電話で連絡を入れましょう。もしも担当者が不在であればメールでも良いですが、出来る限り電話が丁寧です。

そしてエージェントサービスを利用して内定を得た場合はエージェント経由で辞退の旨を伝えれば良いですが、求人サイトなど、自分で応募した場合は必ず自分で連絡をしましょう。

辞退する連絡を入れるというのは緊張するものですが、だからといって連絡をしないで無視してしまうというのは厳禁です。

内定通知を受け取ってから数日以内に連絡を入れたいものです。その時には、内定をいただいたということにお礼をした上で内定を辞退させていただきたいということをはっきりと伝えなければいけません。

辞退の理由は人それぞれですが、それを正直にいう必要は無いのです。「検討の結果辞退する」で充分です。もしも他の会社の内定を承諾するとした場合は、その会社の名前は出さない方が良いでしょう。

もしも家庭の事情によって辞退しなければいけないなどの場合はしっかりと説明し、「機会があればまた先行していただきたい」とポジティブな姿勢を伝えても良いですね。

入社を急かされたら

電話で内定の通知が来た場合、その場で入社の意思を聞かれる場合がありますが、すぐに返答する必要はありません。

勿論、第一希望の会社から内定を貰った場合は即答しても問題ないでしょうが、第二希望、第三希望の会社の場合は、第一希望の会社の動向により決定したいので、基本的には10日程度でしたら先延ばしすることができます。

ただし、あまり遅れると入社辞退と見なされる可能性がありますのでできるだけ早く判断することが好ましいです。

郵送で内定の通知が来た場合でも電話同様、数日以内には入社可否の連絡をしましょう。

入社の返事はいつまでにすればいいの?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
転職者の8割が利用

リクナビNEXT」は転職者の8割が利用する日本最大級の転職サイトです

リクナビNEXTだけの限定求人が約85%!圧倒的な求人数で、都市部の求人はもちろんですが、地方の求人も網羅しています。

効率よく転職活動を進める

転職活動をどう進めたら良いのか分からない!待遇の良い会社に採用されない!履歴書の書き方が分からない!

そんな方はコンサルタントの評判が上々の転職支援実績No.1の「DODA」を利用してみて下さい。

求人件数は5万件以上!DODAで扱っている求人の8割がサイトに公開されていない非公開求人になりますので、まずは登録してみて下さい。

フリーター専門の転職サイト

フリーター経験しかないけど待遇の良い会社に正社員として働きたい!そんな方にお勧めなのが、リクルートグループが運営する「就職Shop」です。

転職成功者の4人に3人は正社員未経験者!利用者数は10万人以上!書類選考がないので学歴や職歴で落とされることはありません。

関連記事

公開日: 2018年7月5日
更新日: 2018年7月6日