待期期間中のアルバイトは駄目!職探しも一旦休憩しよう

怠け者

失業手当の給付手続き」が終了した日が受給資格決定日になります。

受給資格決定日から7日間は、自己都合退職であれ会社都合退職であれ、どんな条件でも失業手当(基本手当)が支給されません。

この7日間のことを「待期期間」と言います。

スポンサーリンク

待期期間中はアルバイトNG

待期期間中は「失業の状態」でなければいけませんので、例え少額のアルバイトでもしてはいけません。勿論、短期バイトもダメだし、知り合いの商店を手伝うといった行為もいけません。

もしアルバイトをしている場合は、その日数分だけ待期期間が伸びてしまうので、失業手当が欲しいのであれば、今しているアルバイトは辞めて職探しや勉強に専念した方が得策です。

職探しは大丈夫・・・だが

待期期間中に職探しもしてはダメと書いている情報サイトもありますがそれは間違いです。

そもそも失業手当は、次の職が決まるまでの経済的な支援をしてもらう制度なので、就職活動をストップさせるような制度がある訳がありません。

ただ1点だけ注意しておかなければいけないのが、待期期間中に就職先を見つけて働き始めるといかなる手当も支給されないと言う点です。

基本手当の場合は、自己都合退職で給付制限が待期期間(7日間)+3ヶ月付くので、早く就職先を見つけたい人からしてみれば、貰えなくて当たり前と思っているかもしれません。

しかし再就職手当に関しては、条件を満たしていれば待期期間が終わって就職先に勤めればすぐに貰える手当なので、待期期間中に焦って就職先を見つけて働き始めるとかなり損をします。

具体例

年齢により異なりますが、前職の月収が23万円程度であれば、基本日額が5,000円程度になります。

所定給付日数が90日で、まだ1日も基本手当を給付してもらっていなければ、

5,000円×90日×60%=270,000円

待期期間が終了してから働き始めると、27万円の再就職手当を支給してもらえますが、待期期間中に新しい就業先に勤めてしまうと1円も貰えなくなります。

再就職手当に関しては「すぐに転職先が決まったら再就職手当を貰おう」を参照して下さい。

内定なら大丈夫

待期期間中でも内定を貰っただけなら問題ありません。

あくまでも、初出社日(始めて給料が発生する日)が失業手当の給付がストップする日になるので、内定を貰っただけではストップしません。

※但し、各ハローワークによって考え方が異なり、内定を貰ってもまだ就職活動をするという条件が必要な場合もあります

職探しも一旦辞めるのが無難

内定を貰っただけなら大丈夫ですが、面接した会社によっては、面接後すぐに「んじゃー、明日から来てよ!」って言われてしまう恐れもあるので、待期期間中は出来るだけ大人しくしていた方が良いかもしれませんね。

待期期間が終了すると、「雇用保険受給説明会」に参加することになります。

  • 待期期間中にアルバイト(仕事)をすると失業保険の給付が遅れる
  • 待期期間中に就職活動はしても大丈夫
  • 待期期間中に新しい就職先に就業すると失業手当が一切貰えない
スポンサーリンク
スポンサーリンク
転職者の8割が利用

リクナビNEXT」は転職者の8割が利用する日本最大級の転職サイトです

リクナビNEXTだけの限定求人が約85%!圧倒的な求人数で、都市部の求人はもちろんですが、地方の求人も網羅しています。

効率よく転職活動を進める

転職活動をどう進めたら良いのか分からない!待遇の良い会社に採用されない!履歴書の書き方が分からない!

そんな方はコンサルタントの評判が上々の転職支援実績No.1の「DODA」を利用してみて下さい。

求人件数は5万件以上!DODAで扱っている求人の8割がサイトに公開されていない非公開求人になりますので、まずは登録してみて下さい。

フリーター専門の転職サイト

フリーター経験しかないけど待遇の良い会社に正社員として働きたい!そんな方にお勧めなのが、リクルートグループが運営する「就職Shop」です。

転職成功者の4人に3人は正社員未経験者!利用者数は10万人以上!書類選考がないので学歴や職歴で落とされることはありません。

関連記事

公開日: 2015年2月27日
更新日: 2015年6月19日