退職する際に会社に対してしなければいけないこと

歩くサラリーマン

会社を退職する際は、会社に対してしなければいけないことがいくつかあります。

ここで説明することは、当たり前のことばかりなので、ここで改めて説明する必要も無いと思いますが、あくまで、このサイトは初めて失業する人に向けたサイトなので一応説明しておきます。

失業マスターの人はすっ飛ばしてもらっても問題ありません(笑)

スポンサーリンク

会社から借りていたものを返却する

会社を退職すると、その会社の社員としての身分が解消されるので、当然、会社から借りていたものは全て返却しなければいけません。

一般的には以下のものが挙げられます。

健康保険証

健康保険の資格が喪失されます。退職までに返却した場合でも、退職日までは有効なので安心して下さい。

社員証やバッジ

社員証で会社の入場を管理している場合は、まだ出勤日があるのに早く返却してしまうと入場出来なくなるので、そういう場合は出来るだけ退職日当日に返却する様にしましょう。

制服などの衣服

クリーニングに出して綺麗にしてから返却することが礼儀です。汚い制服を返却されても会社は良い気持ちにはなりません。

鍵関係

ロッカーの鍵やデスクの鍵などスペアがある場合も全て返却しましょう。

間違って、自分の鍵を渡さない様に(笑)

通勤定期

前払いの交通費がある場合は、キチンと清算してから返却しましょう。

備品

特にPCやタブレットなど、会社の機密情報が詰まっている物に関しては、会社も厳重に管理しているので、備品を返却するのは勿論、持ちだしたデータや書類、USBも含めて全て返却しましょう。

もし、機密情報を持ち帰ってそれが原因で会社に損害を与えてしまった場合、責任を負わされることになります。「会社を退職したから関係ない!えへへ」では済まされませんよ!

後々、会社とトラブルにならない為にも、例えボールペン1本、輪ゴム1本であっても全て返却しましょう。

会社に対して行うこと

会社に対して行うことと言えば、退職に関する手続きばかりなのでそれほどシビアに考える必要はありません。

退職意思を告げる

当然のことですが、会社を退職する際は上司に対して退職意思を告げなければいけません。全てはここから始まります。

詳しくは「トラブルを避けるための退職意思の伝え方」を参照して下さい。

退職願を提出

会社に対して「退職願」を提出します。退職願を提出することで、正式に退職することが決定されます。

詳しくは「退職願は「どう書いて」「誰に」「いつ」提出するのか?」を参照して下さい。

業務の引き継ぎを行う

退職する際は、業務の引き継ぎをキチンと行いましょう。

併せて関係各所に後任者の紹介をして、トラブルの無い様に心がけましょう。また、挨拶回りに行けなかった取引先へは「挨拶状」を送付しておきます。

  • 退職の際は会社に借りたものを全て返却する
  • 返却の漏れがあると後で訴えられる可能性もある
  • 特に個人情報を扱う備品はデータも含めて全て返却する
  • 会社に対して行うことはそれほどシビアに考える必要はない
スポンサーリンク
スポンサーリンク
フリーター専門の転職サイト

フリーター経験しかないけど待遇の良い会社に正社員として働きたい!そんな方にお勧めなのが、リクルートグループが運営する「就職Shop」です。

転職成功者の4人に3人は正社員未経験者!利用者数は10万人以上!書類選考がないので学歴や職歴で落とされることはありません。

効率よく転職活動を進める

転職活動をどう進めたら良いのか分からない!待遇の良い会社に採用されない!履歴書の書き方が分からない!

そんな方はコンサルタントの評判が上々の転職支援実績No.1の「DODA」を利用してみて下さい。

求人件数は5万件以上!DODAで扱っている求人の8割がサイトに公開されていない非公開求人になりますので、まずは登録してみて下さい。

自分の適正年収を調べる

私も無料診断したら、今の年収よりも44万6千円も高い結果が!

予想内定者数などを分析して総合順位もその場ですぐに判定!自分の市場価値を客観的に判断できるので、転職活動だけではなく在職中の方にもお勧めです。

市場価値が高くなり始める25歳~35歳の若年者は是非お試しを!!

関連記事

公開日: 2015年2月12日
更新日: 2015年6月19日