初めての失業生活 - 転職活動や退職手続き、失業保険など分かりやすく掲載(2 / 20Page)

書類選考の判断基準や結果までの期間など!字が汚いけど大丈夫?

転職活動を始めたらまず必須となる書類選考。 面接も控えているのに、書類選考って必要なの?と思われる方も多いかも知れません。 書類選考によって、どの程度影響があるのか、字の上手さは関係ある?など様々な疑問が生まれますが、そ・・・

趣味を仕事にできたら最高ですよね!どういった趣味なら仕事にしやすいか

あなたには趣味がありますか? 『漫画』『ゲーム』『音楽鑑賞』『ドライブ』『ジム通い』など、人それぞれ何かしらの趣味あると思います。その趣味を仕事にできればこんな幸せなことは無いですよね。 でも、どうせ無理だし・・と思って・・・

面接官に納得させる退職理由の書き方

退職理由は一般的にネガティブな意見が多いです。 代表的なのが『給料が安い』『残業が多い』『上司が嫌い』など。 しかし、もし本当にそういった理由で会社を退職する場合でも、履歴書にその様な記入をしてしまえばかなりイメージを悪・・・

履歴書の「趣味・特技欄」の書き方!人事に好かれる趣味って何?

転職の際に提出する履歴書には、趣味や特技の欄が設けられていることが多いですが、皆さんあまり重要視していないですよね。 確かに採否に直結することはまずありませんが、内定を取るために少しでも努力できる余地があるならば、そこは・・・

履歴書に載せる正社員以外の職歴の書き方

履歴書の職歴を書く際に、正社員として勤務していたのであれば書きやすいと思いますが、アルバイトやパートタイマー、派遣社員などの場合、どの様に書けば良いの分からないという方もいると思います。 基本的には正社員の時と同様の書き・・・

【例】面接での長所と短所の答え方

正社員の面接であればほぼ100%か聞かれるであろう、「長所と短所」 私もこれまで10社以上面接を受けてきましたが、必ず聞かれそして戸惑いました・・・。 長所はアピールポイントなので皆さん真剣に考えるし答えやすくもあります・・・

華やかな仕事をやりたがる

転職する理由として、何かやりたいことを見つけることは非常に必要なことです。 しかし、そのやりたいことが明確化されていない場合、例えば『広報の仕事がしたい!』『何かの企画の仕事をしたい!』『何かのデザインをしたい!』の様に・・・

職業訓練校と専門学校の違いって?転職に有利なのは?

会社を辞めたことをきっかけにITの勉強をするために専門学校に通おうと考えています。しかし、色々調べていくうちに職業訓練校と呼ばれる学校があることを知りました。専門学校と職業訓練校の違いに関して聞きたいのと、実際にどちらに・・・

ハローワークにおける求職登録の仕方

ハローワークから求人に応募するには、『求人登録』をしなければいけません。 この求人登録は失業中の方はもちろん、在職中の方も登録可能なので、仕事を探す際は、まず求人登録を済ましておくと便利です。 それでは、求人登録する手順・・・

契約社員で働くことのメリット・デメリット

契約社員は期間を定めて働く就業形態です。 契約期間が終わると、会社と労働者との合意があれば雇用期間の延長をすることができます。契約期間は会社により異なりますが、一般的に3ヶ月や半年、1年など短い契約の場合が多く、その都度・・・

同業種への志望動機の答え方!例を2つ挙げてみた

同業種への志望動機を書く場合は、自分のこれまでのキャリアを前面に押し出す必要があります。売上や販売数など、数値化できるデータがあれば分かりやすいです。 同業種の場合、企業側はあなたを即戦力として期待していますので、これま・・・

仕事を選ぶ基準

仕事を選ぶ際に必要になってくるのが『仕事を選ぶ基準』 もし転職する理由が、「上司が嫌いだから」「仕事内容が嫌だから」といったマイナス転職の場合でも、次はどんな職場で働きたいかの基準を明確にしておかなければなりません。 た・・・

公的の職業相談機関一覧

求職者と雇用主のマッチングを行う公的機関は全国各所に存在します。 一般的に皆さんが利用する公的機関は『ハローワーク』をイメージされると思いますが、ハローワーク以外にも様々な公的機関が存在します。 公的の職業相談機関一覧 ・・・

ハローワークで求人を探す流れ

今や求人サイトや転職エージェントなどを使って仕事を探している方がメインだと思いますが、地域密着の求人を探すのであれば、まだまだハローワークを活用するメリットはあります。 ここではハローワークで求人を探す流れについて解説し・・・

第二新卒と中途の違い!転職ではどっちが有利?

私は現在24歳で、大学を卒業して某食品メーカーで2年間正社員として勤めています。会社の待遇面で不満があり転職を考えているのですが、求人情報を見ていると、第二新卒歓迎といった記述をよく見ます。私の場合は一度就職しているので・・・